2004年12月 5日

自宅と実家をVirtual Private Networkで接続し、パソコンを遠隔操作。

毎年、年賀状作りは楽しいものでしたが、数年前から父親の年賀状も代行するようになってから、憂鬱になってきました。

父親の分は数も多いし、準備も面倒。自宅と実家を行き来して作業しなければならないときは、往復するだけでも大変です。 そんなときのために、自宅のパソコンから実家のパソコンを遠隔操作ができるように、両PCの設定をしてみることにしました。

SoftEtherというソフトを利用し、VPN(Virtual Private Network)を構築。ultraVNCというソフトで遠隔操作を行います。 セキュリティ強化のために、FirewallのOutPostもインストールしました。

一見難しそうですが、それ用のソフト(すべてFree)を集めて、普通にインストールしていくだけで、 実に簡単に遠隔操作ができてしまいました。少し動作はにぶいですが、それほど使うわけではないので充分でしょう。 (2004/12/05)

20041205_01.jpg

関連記事