2009年12月31日

ブログのサーバーをさくらインターネットに変え、MovableTypeを4.261へアップデートする。

当ブログは、アメーバブログやココログなどといったレンタルブログサービスを使用しておらず、 自分でレンタルサーバーを借り、そこにブログ製作ができる、MovebleTypeという、 コンテンツ管理システム (CMS) 製品をインストールして、書いています。

わかったような口ぶりで話していますが、たいした知識は持っていません。 現在の環境もノリで整えた感じなので、記事数が増えていくにつれて、 将来的に大丈夫か心配になってきました。

私のMovableTypeのバージョンは、3.121ですが、先月にはバージョン5も出ました。 後で何か不具合があったとき、バージョンが低すぎると、情報もなくなり対処できないかもしれない。。 やるなら今しかないという思いで、バージョン4の最終版である4.261へのアップグレードを試みることにしました。

とにかく一番最悪なのは、書き溜めたものがなくなってしまうこと。 これを避けるため、上書きではなく、サーバーごと新しくして、後で今の記事を移すことにしました。

レンタルサーバーもXREAからさくらインターネットに変えることにしました。 XREAは私が借りた頃は安くて高機能といわれて評判が良かったのですが、 最近は安定感がないと評判を落としているようなのです(自分は実感ないですが)。 ランニングコストはちょっとアップしますが、老舗で安定感がありそうな「さくらインターネット」を選びました。

肝心の移行のしかたは割愛しますが、とりあえず移行することができました。 こういうのは、うまくいった人の情報のとおりにやってみても、 それが自分とまったく同じ環境であることはないので、うまくいくとは限りません。 結局最後は、自分の勘が頼りだったりします。

割と順調に作業はすすみましたが、 最後にさくらインターネットの場合のphpの設定がちょっと特殊で苦戦しました。 以下、自分のために行った手順を残します。

参考にした記事

「MOVABLETYPE.JP」の
・Movable Type 3.x から Movable Type 4 へのアップグレード
・さくらインターネットサーバーへのインストール
「小粋空間」の
・Movable Type 3 から Movable Type 4 へのアップグレード方法
その他
・さくらのレンタルサーバー非公式FAQ
・哀と欲望の日々。そろそろさくらインターネットも限界かなぁ。

やったことメモ

  1. phpMyAdminを利用しXREAのMySQLデータバックアップ
  2. MovableType4.261を入手し、さくら側にアップロード
  3. phpMyAdminを利用しさくらのMySQLにXREAのデータをインポート (文字コードをEUCJPからUTF-8に変更するためXREAでバックアップしたファイルを一度エディタで開き、UTF-8で保存したものを使用)
  4. XREAのmt.cfgをmt-config.cgiに名前変更。内容をさくらにあわせ修正し、さくらにアップロード
  5. さくらのmt.cgiにアクセス。 アップグレード開始の画面が出るも変。何か足りていない感じ。そのまま進むもデータベースをアップグレードしていますの画面から先、動いている気配なし。
  6. mt-config.cgiを削除し、ふたたびmt.cgiにアクセス。通常のインストールの流れでmt-config.cgiが作成された後、アップグレード処理が行われ完了。MT4の管理画面があらわれたが、サイトの確認で表示されるのはXREAのページで、再構築行うとエラー発生。
  7. 小粋空間の「MT4.2 XHTML 1.0 Strict(utf-8 版):スタイル対応版」でテンプレートを初期化。
  8. テンプレートモジュールHeaderとヘッダーの一行目を <?php echo '<' . '?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?' . '>' ?> に変更。
  9. mt-config.cgiに、HTMLUmask 0022,DirUmask 0022,HTMLPerms 0777を追記
  10. 完了


関連記事