5歳の娘、心室中隔欠損症(VSD)手術後、退院の日

9:15ごろ病院に着いて、10:00から先生の説明をうけた。

「経過はとても順調。孔は6mm程度だった。三尖弁に変形があったが、手術中に修復した。孔は心臓をうごかす神経のそばにあり、傷つける心配があったが、それも問題なし。 現在のところ、孔は完全に塞がってはいないが、時間の経過とともに塞がっていくでしょう。仮に塞がらなくても問題はなし。退院したら外出は控え、次回の診察で問題なければ、幼稚園に行っていいでしょう」 とのこと。

病院のレストランで昼食。娘はエビフライを食べた。3人で帰宅した。

帰ると、東京の水が原発で汚染されている、というニュースが飛び込んできた。 近所のスーパーを何軒か見たが、まだ夕方4時ぐらいなのに、ほとんど売り切れ。 500mlのペットボトルが、コンビニで2本、スーパーで1本かろうじて買えた。 これじゃあ気休めにしかならないと思っていたら、ツマがWebで買えるところをみつけた。大量注文して一安心。これから大変だ。

病室からの風景。東日本大震災の時は、前の木がわさわさ揺れた。

20110323_01.jpg

 

関連記事