無料でもらったテレビ用のUSB無線LANアダプター(UWA-BR100)をきっかけに、パソコン買い替えの検討に至る。

本人もびっくりの急展開。

BRAVIA専用のUSB無線LANアダプター(UWA-BR100)が届く

地デジ移行に伴い、6月末にソニーのテレビ、BRAVIAのKDL-26EX420を買いました。 そのとき希望者に無料でプレゼントしていた無線LANの子機が、ようやく届きました。

子機をテレビに取り付けて無線の設定を行うと、 BRAVIAは我が家のLANに接続する機器のひとつとなり、テレビの画面で BaffaloのNAS「LinkStation(LS-WSXL293)」に保存してある音楽、画像、映像データが 簡単に見れました。 制限はありますが、インターネットにも繋げられて、YouTubeなども見れました。

書けばこれだけですが、こんなことができるなんて夢みたい。結構感動しました。

PLEXのテレビチューナー「PX-W3U2」を購入し、パソコンで地デジ番組の録画をする

アナログ放送のときは、テレビの録画をパソコンのテレビチューナーでしていたのですが、 それが地デジ移行で使えなくなってしまい、以降はテレビの機能で録画をしていました。

テレビでの録画は、外付けのハードディスクをUSBでテレビに接続して行いますが、 テレビのUSBポートはひとつしかないので、無線LANの子機を使うと、 録画ができなくなってしまいます。

なので、テレビ録画はアナログの頃のようにパソコンですることにして、 新たに地デジのテレビチューナーを購入することにしました。

調べてみると、地デジにはいろいろ制限がかかっており、 アナログ放送のようデータを扱えるようにするには、いくつかハードルを越えないといけないことがわかりました。 そうはいってもやはり便利なほうがいいです。 ネットの情報を参考に、機器の選定とその設定を行い、結果、 ストレスなく録画データを扱えるようになりました。素晴らしい。

デスクトップPCの買い替えを検討する

先の地デジのチューナは、メインで使っているデスクトップPCのスペックが低かったため、 普段持ち歩くサブ機のノートPCに付けてしまいました。 これでは常用できないので、メイン機の新調が必要と考えました。

現在のメイン機は大きくてうるさいので、次のマシンは高性能でありながらも、 小型・静音・省電力なものにしたいと思っています。 見積してみたら、どんなに頑張っても10万円は超えそう。

無料のUSB無線LANアダプターが自宅に届いてから、ここに至るまで、わずか10日のことでした。

テレビチューナーを購入して、次はパソコンと急な出費が続きますが、 未来の「テレビとパソコンが繋がってそれを当たり前のように使う」生活を想像すると、 そのくらいはいいんじゃないかなと、今、自分を納得させているところです。 購入までそう時間はかからないと思います。

SONYのテレビ、BRAVIAのKDL-26EX420を購入する。

 

関連記事