2012年4月29日

100名城:香川県高松市の高松城に行く

海に面し、海水が内堀に入り込む城。天守台など工事中だったのが少し残念でした。

高松城<讃岐国>

1587年、豊臣秀吉の四国征伐後、讃岐一国は「生駒親正」に与えられ、 現在の東かがわ市にあった「引田城」(ひけたじょう)に176000石で入城しました。

手狭であったため、現在の瀬戸大橋のたもとにあった聖通寺城に移りますが、 それも不便であったため、1588年に、現在の地に高松城の築城をはじめ、1590年に完成。 関ヶ原の戦いでは、親正は西軍寄りの態度を示しましたが、子の一正が東軍につき、所領を安堵されました。

1640年、親正から4代目のときに御家騒動が起こり、出羽矢島(現・秋田県由利本荘市)に転封になると、 讃岐国は、伊予の西条藩、大洲藩、今治藩の分割統治になりました。

1641年に山崎家治が丸亀藩を立藩すると、 1642年に水戸徳川家初代藩主・徳川頼房の長男「松平頼重」が12万石で入城し、高松藩を立藩。 高松松平家が明治維新まで続きました。

徳川頼房は兄の尾張藩主・義直、紀伊藩主・頼宣より先に男子を儲けたことを憚り、 次男・光圀を水戸藩主に立て、頼重を高松城に送りました。 こうした経緯から、光圀は後継を頼重の子・綱條(つなえだ)に譲り、 自身の子・頼常を2代高松藩主に据えました。

玉藻公園入口

20120429_13.jpg

月見櫓と続櫓(内側)

20120429_05.jpg

月見櫓と続櫓(外側)

20120429_14.jpg

天守台と奥に鞘(さや)橋

20120429_15.jpg

旭門

公園の東入口。高松城の大手門。

20120429_16.jpg

艮櫓(うしとらやぐら)

うしとら=北東にあった櫓が、南東の太鼓櫓跡に移設されている。

20120429_17.jpg

園内マップ

20120429_18.jpg

高松城模型

20120429_19.jpg

歴代城主一覧

20120429_20.jpg

高松侯と水戸侯の系譜

20120429_21.jpg

2012GW・中国四国1泊2日ドライブ旅行(2日目:岡山城・瀬戸大橋・丸亀城・田村神社・高松城・鳴門の渦潮)






関連記事