100名城:鳥取県鳥取市の鳥取城と鳥取砂丘に行く

  •  
  •  
  • Category:

標高263mの久松山山頂「山上の丸」の山城部と、 山麓「山下の丸」の天球丸、二の丸、三の丸などの平山城部で構成されるお城です。

鳥取城 <因幡国> の歴史

因幡国の守護、山名氏が1530-1550年頃に出城として築いたのがはじまり。 元亀年間(1570-1573)には、山名氏の家臣「武田高信」が城主でした。 高信は下剋上を果たしますが、のちに守護家の巻き返しに遭い、 主筋の「山名豊国」に城を奪われました。

1580年、豊国は豊臣秀吉に攻められると単身城を抜け出し、降伏。 織田信長に臣従しますが、旧臣たちは籠城を続け、毛利氏に支援を要請。 毛利の家臣「吉川経家」を城主に迎えました。

1581年、秀吉による厳しい兵糧攻めが行われます。 1ヶ月の兵糧しかないところ、4ヶ月頑張るも力尽き、降伏。 城内のあまりに悲惨な状況は「鳥取城の渇え殺し(かつえごろし)」として伝えられています。

その後は、秀吉家臣の「宮部継潤(けいじゅん)」が城代として入城。 1585年、九州平定後に、正式に城主となりましたが、 継潤を継いだ子の良房は、関ヶ原の戦いで西軍につき、所領は没収されました。

1600年、池田輝政の弟「池田長吉」が6万石で入城し、近世城郭に城を改修しました。

1617年、姫路藩の池田利隆が死去すると、長吉を継いだ子・長幸は、備中松山藩に転封になり、 利隆の子「池田光政」が、因幡伯耆32万石で鳥取城に入城しました。 現在の鳥取県とほぼ同じ所領であり、城は、大大名にふさわしい規模に拡張されました。

1632年、岡山藩主、池田輝政三男・忠雄の子「池田光仲」と所領交換が行われ、 光政は岡山城へ。光仲が325000石で鳥取城に入り、以後、12代続いて明治維新を迎えました。

訪問記

麓の石垣や明治時代に建てられた洋館「仁風閣」の庭を見ているときには、 すれ違う人の多くがどうして「こんにちは」と挨拶するのかわからなかったのですが、 考えてみれば、ここは標高263メートルの久松山。山ですれ違うときの挨拶でした。

そんなことも気付かずに頂上の本丸目指して登り始めたものだから、途中でバテバテ。すっかり汗だくになりました。 五合目あたりでは、今までに見たこともない巨大な蜂も出てきて、怖かったです。 それでも、やっとの思いでたどり着いた山頂の眺めは最高。鳥取市街や鳥取砂丘がよく見えました。 (9:50-11:30)

「山下の丸」の二の丸から「仁風閣」を見下ろす

20120708_02.jpg

「山下の丸」の二の丸にある中坂稲荷神社

山上の丸へ登る五合目のところに本社があります。

20120708_12.jpg

「山上の丸」への登城口

20120708_06.jpg

四合目

20120708_07.jpg

山頂

20120708_09.jpg

山頂より鳥取市街

20120708_08.jpg

山頂より鳥取砂丘

20120708_10.jpg

山頂より北西方向

千代川と湖山池が見えます。

20120708_11.jpg

追記

しかし、後で振り返って見ると、山頂までの山登りがとにかくきつかったことしか覚えておらず、撮ってきた写真も多くありません。 石垣など見どころが多いお城のようですが、見逃してきたものも多いはず。 山登りは嫌ですが、また登城したいです。(2018/9/19)

鳥取といえば鳥取砂丘。鳥取城から車で20分ほどなので、立ち寄りました。

鳥取砂丘

砂丘の反対側、道を挟んで並ぶ土産物屋さんで長靴を借り、砂丘へ。大迫力の砂の丘でした。

長靴を脱ぎ裸足で丘を登ると、丘の向こうは日本海。 海岸で遊んでいる人もちらほらいましたが、丘を降りてもう一度登る気はせず、丘の上にすわって小休憩。 気温は暑すぎず寒すぎず、天気も晴れすぎず、風が気持ちよく感じました。

若者のグループや親子連れ、おじちゃん、おばちゃんグループなど観光客が多数訪れていました。 この風景は自分も子どもに見せてあげたい。子どもと一緒にまた来たいと思いました。
(11:50-13:00)

20120708_03.jpg

20120708_13.jpg

20120708_14.jpg

20120708_15.jpg

2012/7月・中国地方1泊3日ドライブ旅行(2日目:宇倍神社、鳥取城、倭文神社、三朝温泉)





 

関連記事