100名城:愛媛県今治市の今治城に行く

  •  
  •  
  • Category:

13:00着。1980年に建てられた模擬天守は、外観はかっこいいのですが、中はコンクリートで息苦しく感じました。 一方、2007年に可能な限り江戸時代の史実に基づき復元されたという鉄(くろがね)御門は大変立派でした。

今治城<伊予国>

豊臣政権で伊予国板島(現:宇和島)で7万石を領有していた築城の名手、「藤堂高虎」は、 1600年、関ヶ原の戦い後、20万石に加増されると、今治の「国分山城」に移りました。 しかし、山城は不便なため、1602年に現在の地に築城をはじめ、1604年に完成。 三重の堀(現在は内堀のみ)に海水を引き入れた大規模な海城でした。

1609年、高虎が伊勢国津城に移封になると、飛び地となり養子の高吉が居城しました。 1635年、同じ年、松山で、蒲生氏改易に伴い伊勢桑名から移封された松平定行、 の弟・「松平定房」が伊勢長島より3万石で入城すると、 今治藩久松松平家が明治維新まで続きました。

ところで、定房の父・松平定勝には六人の子供がおり、 1624年に、定勝の遺領桑名11万石を継いだ次男・定行、 その際に伊勢長島7000石を分与された五男・定房のほかに、 三男・定綱の家が幕末まで存続しました。

三男・定綱は、1635年、定行に代わって美濃大垣城から桑名11万石に入りました。 定綱の後の時代に懲罰的な転封で、越後高田藩、陸奥白河藩に移りますが、 のちに養子に入った御三卿・田安家の松平定信が、桑名に戻ることを11代将軍徳川家斉に懇願。 これが許可され、ふたたび桑名に戻り、そのまま明治維新を迎えました。

御金櫓(再建)と天守

20130816_09.jpg

武具櫓(再建)と東多聞櫓と天守

20130816_10.jpg

正門入り口の枡形

20130816_07.jpg

鉄御門(くろがねごもん)

20130816_08.jpg

二の丸より藤堂高虎像と天守

20130816_11.jpg

二の丸より天守

20130816_04.jpg

天守より鉄御門方面

20130816_12.jpg

2013夏・中国四国2泊3日旅行(3日目:松山城、湯築城、今治城、大山祇神社など)





 

関連記事