100名城:静岡県三島市の山中城に行く

  •  
  •  
  • Category:

雨の中、家族で100名城ドライブしてきました。

山中城(やまなかじょう)<静岡県三島市>

永禄年間(1558-1570)に北条氏康が、本拠地小田原の西方防衛のため箱根外輪山西側斜面、標高585mの尾根筋に築いた城。 石垣のない土造りの城で、各所に残された畝堀、障子堀が特徴です。

北条氏政の代になり、豊臣秀吉との関係が悪化すると、改修を行い防備を固めますが、 未完成のうちに、秀吉軍の攻撃がはじまってしまいました。 豊臣軍約67800人に対して、後北条軍は約4000人。わずか半日で落城し、そのまま廃城になりました。

畝堀、障子堀に植えられている芝は、保存のためのものだそうですが、これがとても鮮やかでした。 建物は何も残されていませんが、きれいに整備されていて、いい城跡でした。

西の丸と西櫓の間の障子堀

20140628_01.jpg

西ノ丸の畝堀

20140628_02.jpg

西の丸の障子堀

20140628_06.jpg

北の丸

20140628_07.jpg

本丸(天守台より)

20140628_08.jpg

本丸と二の丸の間の堀

20140628_09.jpg

 

関連記事