「Nikon Didital Live 2014」に行く

  •  
  •  
  •  Category:

先日発表された、ニコンの新製品「D750」の実機体験イベントに新宿まで出かけてきました。この手のイベントに行くのは初めてです。

「D750」はフルサイズの一眼レフでバリアングルモニター付きの軽量コンパクトモデル。レンズキットの実売予想価格は28-30万円。私の愛用のカメラ「D3100」は、APS-Cサイズのエントリーモデルで、購入時の価格はレンズキットで5万円弱でしたから、新製品は私のものとはだいぶ格が違います。 購入するのは無理ですが、ちょっと触ってみようかと。

まずはモデル撮影体験コーナーにチャレンジしました。しかし、モデルさんなど撮ったことないので、ちょっと舞い上がってしまいました。周りの人のシャッター音にびっくりしながら、自分も制限時間の5分間、必死にシャッター押しまくりました。いやーすごい。

続いてもうひとつの恐竜の模型が被写体の撮影体験コーナーへ。ところがこの恐竜が、少し暗い中で動いて撮りづらい。カメラの設定ボタンが自分のカメラとはだいぶ違うため思うように操作できず、しっくりこないうちに時間いっぱいで、終了してしまいました。こちらは全然駄目でした。

全体的にD3100のほうが操作が慣れている分だけ、構図は色々なパターンなど撮れて良かったのですが、 画質は最新のフルサイズ一眼レフに全くかなわないことを知ってしまいました。。

色々体験出来て本当によかったです。

カメラオヤジの勢いに圧倒されました。こんな世界があったとは。。

D750より上位機種のD810で撮影。

ここからはD750。







ここから下の写真は自分のD3100で撮ったもの。







(D3100/SIGMA 17-50mm F2.8 DC)

プロ写真家、阿部秀之さんの講演。D750の紹介をされていたのですが、説明が上手で驚きました。 写真家ってこういうこともできないといけないんですね。

関連記事