2014年11月23日

100名城:紅葉が美しい千葉県佐倉市の佐倉城に行く

47城目。

佐倉城の歴史

桓武平氏の流れを汲み、鎌倉時代には下総国の守護だった千葉氏ですが、 戦国時代には後北条氏の支援のもと、佐倉周辺の所領を維持するだけの勢力となっていました。 本拠としていた本佐倉城が手狭となったことから、この地に佐倉城の築城をはじめるも、 1590年、秀吉の小田原攻めにより、後北条氏とともに所領を没収され、この城も未完のまま焼失してしまいます。

1610年、徳川家康の重臣・土井利勝が佐倉藩に入ってから築城を再開し、 1617年に完成すると、藩庁もここに移されました。

佐倉藩は、江戸初期から幕府の大老や老中格の大名が入封しましたが、頻繁に藩主が入れ替わりました。 しかし、5代将軍徳川綱吉のときの大老、堀田正俊の孫にあたる堀田正亮(まさすけ)が1746年に山形藩から入封してからは、 明治維新まで、6代堀田氏が続きました。 堀田氏佐倉藩5代藩主で老中を務めた堀田正睦(まさよし)は、日米修好通商条約締結に向けて、 孝明天皇から勅許を得るため上洛したものの、却下された人。

佐倉城の感想

広い敷地の中、城の建造物は何もありません。 しかし、空堀はたくさん残されており、全体像をイメージすることができました。 紅葉見物か博物館見学か公園に遊びに来たのか、目的かわかりませんが(城見物ではないと思う)、 たくさんの人が訪れていて、賑やかでした。

地図

20141123_06.jpg

姥が池

20141123_01.jpg

三の丸

20141123_09.jpg

馬出空堀

20141123_02.jpg

二の丸に集められた佐倉城の礎石(二の丸)

20141123_05.jpg

一の門から本丸

20141123_07.jpg

天守跡

20141123_08.jpg

水堀

20141123_04.jpg

銀杏の木

20141123_03.jpg


関連記事