2015年4月24日

武蔵国一之宮・小野神社に行く


小野神社(おのじんじゃ)<武蔵國一之宮>

武蔵國一之宮といえば、大宮の氷川神社が有名ですが、遠い昔もともとは、国府に近かったこちらの神社が一の宮とされていたようです。
しかし、氷川神社が勢力を拡大していく一方、小野神社は次第に衰退していき、今ではだいぶ扱われ方に差がついてしまいました。
それでも住所は東京都多摩市一ノ宮。東京に存在する唯一の一の宮に間違いありません。
全国一之宮巡拝会には入っていませんが、こちらも参拝に訪れることにしました。

多摩川から程近い、住宅街の中に神社はありました。
周囲の道は狭く、駐車場がよくわからなかったため、聖蹟桜ヶ丘駅傍のコインパーキングに停めて、そこから歩きました。
境内は思ったより広々としていました。風が強かったせいか、木のさらさらとした音がよく聞こえました。
他に参拝者も無く、社務所も無人。
あらかじめ神社のWebサイトから控えてきた神社の電話番号に掛けても応答がなかったため、神社の入り口前に出ていた宮司のお宅に電話したところ、15分くらいしてから来られて、無事、御朱印も頂くことができました。料金は500円。相場の300円からすると少々高めでした。
この間、20代から30代くらいの男性と女性が、一人ずつ参拝していきました。

20150424_01.jpg

20150424_02.jpg


関連記事