100名城:青森県弘前市の弘前城に行く

  •  
  •  
  • Category:

5/2の夜と5/3の朝、2日がかりで見学しました。

弘前城の歴史

戦国時代、津軽地方は南部氏の支配下にありましたが、後継者問題の混乱に乗じて、 大浦(津軽)為信が反旗を翻し、1570-80年代にかけて、津軽一帯に勢力を拡大しました。 南部氏はこれを認めていませんでしたが、為信は小田原征伐以前より南部氏にさきがけて豊臣秀吉に接触し、 45000石の所領を安堵されます。

関ヶ原の戦いでは東軍につき、後に47000石に加増され、弘前藩が成立。 以後、明治維新まで津軽氏が藩主を務めました。

弘前城は、1603年より築城を始め、1611年頃に完成。

天守(御三階櫓)は、全国に現存する12天守の1つです。 築城当時、天守は五層で本丸の南西に構築されましたが、1627年に落雷で焼失。 現在の天守は1810年に本丸辰巳櫓を解体新造したものです。

天守のほかにも、辰巳櫓・丑寅櫓・未申櫓、追手門、東門、北門、南内門、東内門 が築城時の姿で現存しています。

訪問記

このGW後から天守の下の石垣を修復する工事を10年かけて行う予定で、 その間「曳家」により、天守を今の場所から70m内側に移動させるそうです。

現在その準備のため、天守下の内堀が埋め立てられており、 GW期間中のみ内堀のなかに入って、天守を見ることができます。 特別なときに来ることができてラッキーでした。

弘前城は毎年GW頃に満開になる桜の名所として有名です。 これで桜が満開だったら言うことなしだったのですが、 今年は開花が早く、一部を除いてもうほとんどが葉桜でした。

一日目は夜の弘前城。19:00-21:00過ぎまで約2時間の滞在。 二日目は翌朝、8:00-10:30まで、約2時間半の滞在でした。

現存する建造物がたくさんあり、それらをすべて見ようと思ったところ、 2日あわせて約4時間半もかかり、さすがに歩き疲れました。

以下、写真は2日分ごちゃ混ぜです。

追手門

城の入口。

20150503_01.jpg

三の丸

追手門を入ったところが三の丸。北にまっすぐ延びる道を歩いて二の丸に向かいます。

20150503_16.jpg

辰巳櫓

二の丸南東にある櫓を三の丸から。

20150503_02.jpg

未申櫓

二の丸南西にある櫓を三の丸から。

20150503_03.jpg

杉の大橋から

二の丸と三の丸の間の濠。

20150503_17.jpg

南内門

二の丸に入ります。

20150503_04.jpg

天守

二の丸と本丸の間の下乗橋から

20150503_18.jpg

二の丸と本丸の間の濠から

20150503_19.jpg

濠から見上げた天守。今しか見られない角度。

20150503_23.jpg

本丸から

20150503_20.jpg

天守から見た下乗橋

20150503_22.jpg

本丸の桜

20150503_21.jpg

東内門

二の丸と三の丸の間の門。

20150503_05.jpg

東門

三の丸に入る東の門。

20150503_06.jpg

丑寅櫓

二の丸北東に建つ櫓。

20150503_07.jpg

北門

三の丸と四の丸の間の門。

20150503_08.jpg

西濠

三の丸の大きな濠。

20150503_09.jpg

桜のトンネル

20150503_10.jpg

岩木山を望む

追手門を出て、市役所前より。

20150503_12.jpg





 

関連記事