100名城:滋賀県長浜市の小谷城に行く

  •  
  •  
  • Category:

前日夜20時前に東京の自宅を出て、名神高速・養老SAで車中泊しました。暑くてあまり眠ませんでした・・。 朝起きてから、自宅から用意してきたパンを食べて出発。小谷城に向かいました。

小谷城【近江国】の歴史

小谷城は、近江の戦国大名「浅井氏」の居城。浅井長政の祖父、亮政(すけまさ)が1523-1524年頃に築城した説が有力。 亮政は、北近江半国の守護・京極氏に仕えていましたが、京極氏の御家騒動をきっかけに下克上し、実権を掌握すると、 その後、京極氏の本家筋に当たる南近江の六角氏と対立するようになりました。

1542年、亮政の死後、跡を継いだ子・久政の時代になると、六角氏に押されその配下になりますが、 1560年、嫡男・長政が野良田の戦いで六角氏に大勝して以降、両者の争いは浅井氏優勢となりました。

同じ頃、尾張の織田信長が、美濃攻めを優位にすすめるため、浅井長政に同盟を申し込みます。 織田氏は、浅井氏と同盟関係にあった朝倉氏とは、足利三管領「斯波氏」の家臣同士で、古くから敵対関係にありました。 長政は信長に「朝倉への不戦の誓い」をさせ、同盟を受け入れ、信長の妹のお市の方を妻に迎えます。

1568年、足利義昭の要請を受け、義昭を奉じて上洛を果たした信長は、 義昭の命令として朝倉氏に上洛を要請しますが、朝倉氏が拒否したため、 1570年、越前国に進軍を開始しました。 長政は信長との同盟を破棄し、朝倉氏を支援。信長は撤退を余儀なくされ、 以後、両者は対立することになります。

長政は、「姉川の戦い」では、織田・徳川連合軍に敗れますが、 「志賀の陣」では、反信長包囲網が形成され、織田軍を苦しめました。 しかし、次第に織田優位の状況となります。

小谷城の戦い

1573年、浅井重臣の織田方への寝返りを契機に、信長は北近江に侵攻。 長政は、朝倉氏に応援を要請し、朝倉氏はこれに応じて兵を出します。 しかし、朝倉氏はこのとき壊滅的な敗北を喫し、そのまま居城の一乗谷城まで攻め込まれて、滅亡してしまいました。 織田軍は小谷城に引き返し、浅井氏に対して総攻撃を開始します。

長政は、お市の方と3人の娘(茶々、初、江)を織田軍に引き渡し、自刃。 小谷城は落城しました。

小谷城は廃城にしたうえで戦功のあった秀吉に与えられ、秀吉は長浜城を築城しました。

訪問記

小谷城・番所跡前に、7:30に到着。ここまで車で来られることは事前に調べていました。 手前の麓に広い駐車場がありましたが、そこから登り始めるとかなり大変です。

番所跡から本丸跡まで、浅井長政自刃の地である赤尾屋敷跡に寄り道しながら、約30分。 妻子はここで折り返して、私だけもう少し先の山王丸まで行きました。

登り坂はそれほどきつくありません。 途中、顔の高さに蜘蛛の巣が掛かっている場所がいくつかあり、それを避けていくのが少し大変でした。

登城後は、麓の駐車場の休憩所で、100名城スタンプの設置場所である「小谷城戦国歴史資料館」が開館する9:30まで一休み。

山中では、城マニアであろうおじさん一人にしか会いませんでしたが、駐車場には家族連れがたくさんいました。 城の他に近くに何か遊べる施設があるのでしょうか。。

戦国歴史資料館は見学せずに、入口でスタンプを押すだけにしました。
(7:30-9:30)

小谷城跡絵図

20150812_25.jpg

番所からの眺望

一番手前右の大きな山は、小谷城「山崎丸」。左は、織田軍が陣を張った「虎御前山」。右奥の小さな島が琵琶湖に浮かぶ「竹生島」です。

20150812_26.jpg

御茶屋

20150812_27.jpg

御馬屋

20150812_28.jpg

馬洗池

20150812_29.jpg

首据石

六角氏と内通した家臣を誅殺。見せしめのため、この石の上にその首が置かれていたそうです。

20150812_30.jpg

赤尾屋敷跡

20150812_31.jpg

浅井長政公自刃の地

長政は最後の攻撃で黒金門から討って出ますが、信長軍に攻められ本丸に戻ることができず、やむなく重臣赤尾氏の屋敷で自刃したそうです。

20150812_32.jpg

桜馬場

20150812_33.jpg

黒金門跡

20150812_34.jpg

大広間

20150812_35.jpg

本丸の石垣

20150812_36.jpg

本丸

20150812_37.jpg

天守台北の大堀切

20150812_38.jpg

中丸

20150812_39.jpg

刀洗池

20150812_40.jpg

京極丸

守護の京極氏の屋敷跡。小谷城の戦いのときは、秀吉がここを攻め落とし、長政の本丸と長政の父・久政の小丸を分断しました。

20150812_41.jpg

小丸

久政が引退後に居住した場所。小谷城の戦いのときはここで自刃したそうです。

20150812_42.jpg

山王丸

山王権現を祀る神社があったそうです。

20150812_43.jpg

山王丸斜面の大石垣

20150812_01.jpg

2015夏・滋賀県100名城を巡る2泊3日家族旅行(1日目:小谷城・観音寺城・安土城)





 

関連記事