100名城:兵庫県赤穂市の赤穂城に行く

  •  
  •  
  • Category:

赤穂城 <播磨国> の歴史

1600年、池田輝政に播磨一国が与えられると、弟の長政が赤穂領主となり、 赤穂城の前身となる「大鷹城」を築城しました。

1613年、輝政の死後、赤穂領は姫路藩から岡山藩主の輝政次男・忠継の所領に変更され、 1615年、忠継が死去すると、輝政五男「池田政綱」は、 忠継を継いだ輝政三男・忠雄から35000石を分知され、赤穂藩を立藩しました。 (このとき四男・輝澄は播磨山崎藩を38000石で立藩しました)

しかし、その後を継いだ、輝政六男「池田輝興」が1645年に発狂(正室と侍女数名を斬り殺す)し、改易。 その後、常陸笠間藩より「浅野長直」が53000石で入城しました。 「赤穂城」は、1648年から13年かけて、この長直により、旧城の南に築かれました。 この城は、5万石の藩にはそぐわない広壮なもので、 この築城がその後の藩の財政を圧迫しつづけたと言われています。

1701年、3代長矩(ながのり)が、江戸城中(松の廊下)で高家旗本・吉良上野介に対する刃傷事件を起こして改易されると、 その後、徳川譜代の「永井氏」が32000石で入城しました。

1706年、永井氏が信濃飯山藩に転封になると、 「森長直」が2万石で入城し、以後、12代続いて明治維新を迎えました。

森家

森長直は、津山藩186000石、初代森忠政の跡を継いだ、長継の八男。 津山藩は、長継隠居後、1697年に5代目を継いだ長継の十二男、衆利(あつとし)が発狂し、改易されました。 発狂の真相は「犬小屋の管理不行き届きで切腹になった家臣がおり、生類憐みの令に対する幕政批判したこと」だったそうです。

しかし、森家の戦国時代からこれまでの功績から、特別に家名存続を認められ、 長継が、播磨国西江原藩を2万石で立藩。1698年に89歳で死去すると、長直がその跡を継ぎました。

永井家

永井氏は、徳川譜代の家臣で、その先祖には小牧長久手の戦いで池田恒興を討ち取った「永井直勝」がいます。 大坂の陣以降、大名となりますが転封を繰り返し、最後は美濃加納藩主として、明治維新を迎えました。

訪問記

山城が続いた後で平城はほっとします。復元整備が進み、城はとてもきれいでした。
(14:30-15:45)

本丸門(復元)

20150921_13.jpg

本丸櫓門(復元)

20150921_19.jpg

20150921_20.jpg

天守台

江戸当時から天守台のみで、天守の建設は一度もされませんでした。

20150921_21.jpg

天守台から本丸庭園

20150921_14.jpg

天守台から本丸門方向

20150921_15.jpg

厩口門(復元)

二の丸(外側)より。

20150921_16.jpg

二の丸の石垣と堀

20150921_24.jpg

大石邸長屋門

三の丸

20150921_22.jpg

近藤源八宅跡長屋門

三の丸

20150921_18.jpg

案内図

20150921_25.jpg

三の丸隅櫓(復興)

20150921_17.jpg

大石神社

三の丸

20150921_23.jpg

2015秋・中国1泊4日ドライブ旅行(1日目:備中松山城・鬼ノ城・赤穂城)





 

関連記事