100名城:沖縄県中頭郡中城村の中城城に行く

  •  
  •  
  • Category:

勝連城から中城湾に沿って南下し車で約30分、中城城(なかぐすくじょう)に着きました。

中城城 <沖縄県中頭郡中城村>の歴史

中城城は、連郭式の山城で六つの郭で構成されています。 14世紀後半頃までに先中城按司(さちなかぐすくあじ)が数世代にわたり、西の郭、南の郭、一の郭、二の郭の主な部分を築き上げ、 1440年に読谷の座喜味城から移ってきた護佐丸(ごさまる)によって、北の郭、三の郭が増築され、 現在のかたちが完成したといわれています。

護佐丸は、琉球の第一尚氏王統建国の功臣で築城の名手でしたが、1458年、勝連城の阿麻和利によって滅びました。 城はその後、王子の居城→番所→沖縄県役場→小学校などと形を変えながら、戦前まで利用されました。

1853年、アメリカのペリーが来航した際に、この城を見て、建築土木技術水準の高さに驚嘆したといわれています。 沖縄戦の戦禍も逃れ、沖縄でもっとも原型をとどめている城といわれています。

訪問記

沖縄に来てからここまでに訪れた神社と城で、はじめて中国語を聞かなかったかも。 見学時間は一時間ちょっとでした。

馬場から三の郭の石垣を見る

20160214_30.jpg

北の郭に入る裏門

駐車場から順路に従っていくと、裏門から入って正門に出るコースになります。

20160214_31.jpg

ニの郭から見た三の郭

20160214_32.jpg

ニの郭

20160214_33.jpg

拝所「シライ富ノ御イベ」

20160214_34.jpg

一の郭

20160214_35.jpg

眺望

20160214_36.jpg

南の郭

拝所「雨乞イノ御嶽(あまごいのうたき)」

20160214_37.jpg

拝所「御當蔵火神(うとうくらひぬかん)」

20160214_38.jpg

正門

入ったところが西の郭。

20160214_04.jpg

城碑と南の郭の石垣

正門を出たところ。

20160214_39.jpg

カンジャーガマ

鍛冶を行っていたところといわれています。

20160214_40.jpg

城北側の石垣

城の外側の道を通って駐車場に戻りました。

20160214_41.jpg

案内図

20160214_42.jpg

護佐丸の墓

20160214_43.jpg





 

関連記事