100名城:奈良県高市郡高取町の高取城に行く

  •  
  •  
  • Category:

奈良・大阪の山城2城を登城する日帰りドライブ。最初に向かったのは奈良県の高取城です。 ここは昨年訪問した岐阜県の岩村城、岡山県の備中松山城と並び日本三大山城のひとつとされるお城です。

東京の自宅を午前3:40に出発し、途中、今年の2月にできたばかりの新東名を通りました。 新しくできた岡崎SAで休憩を入れ、6時間半かけて、現地に10時過ぎに着きました。

高取城の歴史

1332年、大和国の豪族「越智氏」によって築城されたと伝えられています。

鎌倉時代より大和国の守護は「興福寺」が務めていましたが、次第に勢力が衰え、越智氏、筒井氏らが台頭しました。 越智氏は、1467年の応仁の乱の際に畠山義就派につき、畠山政長派の筒井氏を抑えて最盛期を迎えますが、 その後、筒井氏が盛り返し、筒井順昭(じゅんしょう)のとき、筒井氏が大和国をほぼ手中に収めます。 越智氏はその配下に組み込まれたのち、滅亡しました。

1550年、順昭の死去に伴い、筒井順慶が2歳で家督を継ぐと、 三好長慶の家臣だった松永久秀が大和に侵攻を開始します。

1568年、織田信長が足利義昭を奉じて上洛すると、久秀はいち早く信長に取り入り、 大和一国の平定を許されますが、義昭と信長が対立すると義昭方につき、1573年降伏。
同じ頃、久秀と対立を続けていた順慶も明智光秀の仲介により信長に臣従しました。 順慶は、信長方として長篠の戦いなどに参戦。1576年に信長から大和国の支配を任され、 1577年、久秀が再び信長に謀反を起こすとこれを滅ぼして、1578年に大和国を平定しました。

高取城は、筒井氏が居城としていた筒井城の支城になっていました。 1580年、信長から大和国の城を一城にするよう命じられ、一時廃城となりますが、信長の死去後に復興。

順慶は、本能寺の変後は秀吉家臣となり、所領を安堵されましたが、 1584年に小牧長久手の戦いに参戦後、36歳で死去。 1585年、家督を継いだ養子の定次のときに、伊賀上野に転封となりました(筒井家はのち1608年に改易)。

代わって大和国には秀吉の異父弟、豊臣秀長が入り、高取城には重臣の脇阪安治が入城しました。 脇坂が2か月で洲本に移ると、同じく秀長重臣の本多利久が入城し、本格的な山城を築きます。

1595年、秀長を継いだ秀保が急死し、大和豊臣家は断絶。利久の子本多俊政は、秀吉の直臣となりました。 俊政は、秀吉死去後、徳川家康につき、1600年、会津征伐に従軍。関ヶ原の戦い後には、25000石を与えられ、高取藩を立藩しました。

1637年、俊政を継いだ子の政武に嗣子なく、本多家は改易。 城番が置かれた後、1640年、徳川譜代の家臣で旗本の植村家政が25000石で大名に取り立てられ, 新たな藩主として入城すると、以後明治維新まで植村家が続きました。 現在の高取町長はその子孫だそうです。

訪問記

観光案内所「夢創館」で100名城スタンプGet

はじめに麓の観光案内所「夢創館」に立ち寄りました。 夢創館周辺は「町家の雛めぐり」というイベントが開催中で、一眼レフを首にかけたおじさんおばさんカメラマンや、ストックを持ったハイカーなど、多数の人で賑わっていました。 案内所受付のおばさんによれば、普段は閑散としており、この時期だけの賑わいなのだそうです

20160313_20.jpg

八幡口登り口

夢創館から城跡まで歩くと片道一時間半かかるので、もう少し先まで車で進みます。 本丸近くまで続く道の終点に、3、4台停められるスペースがありますが、 その300m手前の八幡神社付近の路肩に停めて、八幡口登り口から登ることにしました。 こちらからのほうが、周辺の石垣を見ながら登れると、ネットの情報にあったためです。

20160313_02.jpg

地図

20160313_03.jpg

壷坂口門

登り口から5分で壷坂口門の石垣が見えました。

20160313_01.jpg

20160313_32.jpg

20160313_33.jpg

大手門跡

20160313_04.jpg

十三間多聞櫓

二の丸に入る門

20160313_34.jpg

二の丸下段

二の丸は上下段に分かれており、正面の石垣の上が上段。

20160313_35.jpg

十五間多聞櫓

二の丸上段への入口。

20160313_36.jpg

二の丸上段

新櫓跡と太鼓櫓跡。

20160313_37.jpg

本丸天守台の石垣

20160313_05.jpg

本丸入口の食違虎口

20160313_06.jpg

本丸

20160313_38.jpg

井戸跡

20160313_07.jpg

天守台

20160313_39.jpg

眺望

20160313_40.jpg

城跡に建物はありませんが、多くの石垣残されていました。 これだけの石をどうやってここまで運んだのか、いつも不思議に思います。 地面に落ちているたくさんの細かな瓦のかけらがそこに建物があったことの痕跡。こういうの好きです。 江戸時代になると山の上の城は不便で麓に屋敷を移すところが多いのですが、この城は幕末近くまで山上が機能していたそうです。

自分が着いたときはあまり人がいませんでしたが、後から多くのハイカーが登ってきました。 登っている時はそれほど疲れた感じはなかったのですが、車に戻ると少し足にきてました。 滞在時間は約1時間。

三の丸の向こうなど見なかったところがあり、また再登城したい城です。

この後、大阪府千早赤阪村の千早城に移動しました。

関連記事

100名城:大阪府南河内郡千早赤阪村の千早城に行く~下赤坂の棚田





 

関連記事