SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary を持って羽田空港へ行く

買ったばかりの超望遠レンズを持って、飛行機を撮りに羽田空港に行ってきました。

普段はAモードばかりで撮っていますが、動きものということで、おすすめの設定を事前に調べたところ、フォーカスモードはAF-Cにして、親指AFがよいとのこと。
撮影モードは、昼間はSモードで1/800~1/1000秒、夜はAモードでF値を開放。流し撮りの場合、昼間は1/15~80秒、夜はMモードにしてF値を開放、SSは1/13-15秒。
いろいろ詰め込みすぎて、いざ飛行機を目の前にすると調べていったようにできなかったり、練習が必要なことを痛感しました。
それでも、流し撮りなどうまくとれたものもいくつかあって、調べて出かけた甲斐はありました。

超望遠レンズですが、羽田空港だと大体200mm(フルサイズ換算で300mm)もあれば十分だったので、いつもの55-200mmでもよかったかもしれません。
まぁ新しいレンズのおかげで、写りがよかったということにしておきましょう。


□第二ターミナル

今日は左から右(北から南)に向かって離陸していました。逆だったらスカイツリーと絡めた写真が撮れたのですが残念。

背後にディズニーシーの山が見えます
20160409_01.jpg

20160409_02.jpg

350mmのおかげで、パイロットもよく見えました
20160409_03.jpg

□第一ターミナル

こちらは、北から南に向かっての離陸は、左から右に飛ぶかたちになります。椅子に座りながら撮影できてよかったです。

20160409_04.jpg

20160409_05.jpg

20160409_06.jpg

流し撮り。SS1/80。
20160409_07.jpg

流し撮り。SS1/60。
20160409_10.jpg

20160409_08.jpg

20160409_09.jpg

20160409_11.jpg

20160409_12.jpg

SS1/125、ISO3200。
20160409_13.jpg

20160409_14.jpg


◇おまけ

羽田からの帰り道、城南島海浜公園前で愛車アクセラの走行距離が、55,555kmになりました。前から写真を撮ろうと狙っていたので、ちょうど止まれる場所でラッキーでした。

20160409_15.jpg

 

関連記事