2016GW・京都大阪和歌山2泊3日ドライブ旅行(1日目:豊国神社・西本願寺・平安神宮・二条城・京都御苑・本能寺・宇治上神社・平等院)

  •  
  •  
  • Category:

今年のGWは、2泊3日で京都、大阪、和歌山の百名城をまわる旅にしました。
初日は京都。京都を訪れるのは、自分の記憶の中では4回目。前回は、1日で滋賀、京都、大阪の7つの神社をまわる超ハードスケジュールの途中で、京都市内は上鴨神社と下鴨神社だけ立ち寄り、通り過ぎた感じでした。
今回、京都のお城は二条城だけですが、もう少し京都を味わおうと、1日かけて観光することにしました。そうなると行きたいところはいろいろ出てきて、絞り込むのに苦労しました。


豊国神社(とよくにじんじゃ)<京都市東山区>

朝5:00、豊国神社からスタート。ご祭神は豊臣秀吉。秀吉がなくなった翌年の1599年に創建されました。豊臣氏滅亡とともに廃絶となりましたが、明治天皇の指示で再興された神社です。
ここに来たのは、隣接する方広寺の鐘を見るためです。大坂の陣のきっかけになったあの鐘です。どこに問題の文字が刻まれているのか最初わからなかったのですが、神社の神職のおじいさんが教えてくれました。

唐門(国宝)
20160429_01.jpg

方広寺の鐘
20160429_02.jpg

鐘の文字を拡大
20160429_03.jpg


龍谷山本願寺(りゅうこくざんほんがんじ)<京都市下京区>

6:00少し前に西本願寺に移動。我が家のお墓が浄土真宗だということは子どもの頃から聞いていましたが、どういった宗派なのかは全然知らないまま大人になってしまいました。
一昨年に祖母が亡くなってから、少し興味を持つようになり、今回は総本山に訪れてみたいと思った次第です。

しばらく庭から周囲の建物の写真を撮っていたら、阿弥陀堂からお経が聞こえてきました。晨朝勤行(じんじょうごんぎょう)という朝のお勤めが始まったようです。
入口の扉からは中の様子は見えず、開ける勇気もなくて、隣の御影堂を見学していたところ、阿弥陀堂から沢山のお坊さんやら門徒らが移動してきました。
ここでもこれからお勤めが始まるようだったので、紛れて参加してきました。「ナーム、アーミ、ダーァ、ブーツ」の大合唱。とてもよい体験ができました。

阿弥陀堂(国宝)
20160429_04.jpg

御影堂(国宝)
20160429_05.jpg

築地塀(重文)
20160429_06.jpg


平安神宮(へいあんじんぐう)<京都市左京区>

8:00に到着。明治28年、平安遷都1100年を記念して創建された神社で、ご祭神は794年に平安京に遷都を実施した桓武天皇と平安京最後の天皇、孝明天皇です。
平安京の政庁を再現した美しい社殿と雰囲気のよい神苑があります。桜はもう終わり、花菖蒲はまだ早く、いい季節に来たらもっと素敵だっただろうと。

中央に大極殿、左に白虎楼、右に蒼龍楼(すべて重文)
20160429_07.jpg

中神苑・臥龍橋
20160429_08.jpg

東神苑・尚美館
20160429_09.jpg


二条城(にじょうじょう)<京都市中京区>

100名城:京都府京都市の二条城に行く


京都御苑(きょうとぎょえん)<京都市上京区>

車に積んできた折りたたみ自転車に乗り、二条城の外側の櫓を見ながら、京都御苑に移動しました。明治に東京に遷都されるまで皇居だった場所です。
11:00過ぎに、下立売御門(しもだちうりごもん)に着きました。ここは二条城以上に広大です。御所の建礼門と幕末「蛤御門の変」で有名な蛤御門を見てきました。

建礼門
20160429_14.jpg

蛤御門
20160429_15.jpg


本能寺(ほんのうじ)<京都市中京区>

そのまま自転車で御苑を南下し、12:00過ぎ、本能寺に到着。「本能寺の変」の頃とは場所も移されているとのことで、勝手にひっそりしたお寺を想像していましたが、商店街の角にあって賑わっていました。法華宗の大本山だそうです。
本堂の奥には、織田信長の三男信孝の命で建てられた信長公廟や本能寺の変の戦死者の供養塔などがありました。

表門
20160429_16.jpg

信長公廟
20160429_17.jpg


宇治上神社(うじがみじんじゃ)<京都府宇治市>

二条城まで戻り、車で宇治へ。13:50に宇治上神社到着。本殿が日本最古の神社建築ということで世界遺産。境内はそれほど広くありませんが、絶え間なく人が訪れていました。
風が吹くと木の葉の揺れる音がさらさらと聞こえてきます。人が少ないときなら、もっと趣がありそうな場所でした。

鳥居
20160429_18.jpg

社頭
20160429_19.jpg

本殿(国宝)
20160429_20.jpg


宇治神社(うじじんじゃ)<京都府宇治市>

宇治上神社に隣接する宇治神社は、明治に入るまで宇治上神社と二社一体とされていて、こちらは下社と呼ばれていたそう。

中門
20160429_21.jpg


平等院(びょうどういん)<京都府宇治市>

14:30、本日最終の目的地に到着。1052年、時の関白藤原頼通が、父 道長より譲り受けた別荘を仏寺にしたものです。
堂内は、平安時代に作製された本尊の木造阿弥陀如来坐像(国宝)が安置されています。

やはり鳳凰堂が目を惹きます。写真は鳳凰堂ばかり、しかも正面からの同じようなものを何枚も撮ってしまいました。
最終16:10の鳳凰堂内部の拝観にも間に合いました。案内係のおばさんの解説がとてもわかりやすくてよかったです。

鳳凰堂(国宝)
20160429_22.jpg

20160429_23.jpg

20160429_24.jpg


今回、西本願寺と平安神宮以外は初めての場所でした。西本願寺はそのとき御影堂が工事中、平安神宮も時間がなく応天門の前まで行っただけだったので、実質全部が初めてのような場所でした。
100名城も一の宮も京都はもうありませんが、まだ嵐山方面や、伏見稲荷なんかは行ったことがないし、金閣、銀閣はもう一度行きたい。また機会を見つけて訪れたいと思いました。

 

関連記事