100名城:大阪府大阪市の大阪城に行く~伊丹空港で飛行機撮影

  •  
  •  
  • Category:

7:45に宿泊していた高槻市のホテルを出て、大阪城の前に着いたのは9:00でした。

大阪城【摂津国】の歴史

1582年、本能寺の変後に行われた清洲会議により、 摂津国のうち、大坂・尼崎・兵庫の12万石は池田恒興に与えられました。 1583年、賤ヶ岳の戦い後は、豊臣秀吉の領有するところとなり、 石山本願寺の跡地に築城したのが大阪城です。

1598年に秀吉死去。1600年の関ヶ原の戦いを経て、豊臣家は、220万石の大大名から、 摂津河内和泉657400石の一大名に転落。 1614-15年の大阪冬の陣、夏の陣で、大阪城は落城し、豊臣家は滅亡しました。

戦後、松平忠明(奥平松平家)が、摂津大坂藩10万石の藩主となり戦災復興。 忠明は、「道頓堀」の名づけ親だそうです。

1619年、忠明が大和郡山に移封となると、大坂は天領となり、 1620年から、2代将軍秀忠により、豊臣色を払拭する大阪城の大修築工事が行われ、1629年に完成。 現在の遺構はすべて徳川氏によるものです。

城主は歴代将軍で、譜代大名から選ばれる「大坂城代」が城を預かりました。 天守は1665年に落雷で焼失して以降、建設されませんでした。

幕末は、1868年、王政復古の大号令の後、二条城を追われた徳川慶喜が居城しましたが、 鳥羽伏見の戦いの敗北で、江戸に退却すると、新政府軍に明け渡されました。

訪問記

まず目に入ったのは、南外堀の石垣と櫓(六番櫓)でした。大坂城再建工事の最終段階で築かれたもので、櫓は寛永5(1628)年に創建されたものが現存しています。かつては、段になっている石垣のひとつづつに櫓があり、それらは白壁の土塀で連結されていたそうです。かなり迫力があったでしょうね。現在は一番櫓と六番櫓を残すのみです。

南外堀と六番櫓

20160430_01.jpg

大手門から二の丸へ。一番左に見えるのは千貫櫓、中央は大手口多聞櫓。大阪城には多くの遺構が残されています。

大手門

20160430_02.jpg

大手口枡形の石垣には巨石があります。城の威容を誇示するためのものだそうです。

20160430_03.jpg

多聞櫓

多聞櫓を通って二の丸に入ります。

20160430_18.jpg

石山本願寺推定地

二の丸南に「石山本願寺推定地」と書かれた石碑がありました。うちのお墓が浄土真宗ということで、興味深く説明文を読みました。

元々この場所は、浄土真宗中興の祖・本願寺8世蓮如の隠居所「大坂御坊」でしたが、1532年、京都山科の本願寺が、日蓮宗徒と近江の六角氏による焼き討ちで消失したため、本拠が移され、石山本願寺となりました。

11世顕如のとき、信長との抗争が勃発。約10年にわたる抗争(石山合戦)の末、1580年、本願寺は退去。紀伊鷺森、和泉貝塚、大坂天満を経て、1591年、現在の京都堀川に移転しました。

浄土真宗は、新興勢力ということもあり、大変だったようです。薩摩藩では明治初年まで禁教でした。

20160430_04.jpg

豊國神社(ほうこくじんじゃ)

明治12年、大阪府中之島に創建されたのち、昭和36年に現在の大阪城二の丸に遷座されたそうです。

20160430_19.jpg

桜門

いよいよ、桜門から本丸に入ります。この門は明治時代に再建されたもの。

20160430_05.jpg

桜門枡形の巨石・蛸石

城内で最も大きい巨石です。

20160430_20.jpg

桜門枡形の巨石・振袖石

城内で3番目に大きい巨石です。

20160430_21.jpg

徳川期大阪城絵図

20160430_22.jpg

天守閣

徳川の天守は、1665年に落雷で消失しており、現在の天守は、昭和6年に、徳川時代の天守台の上に鉄筋コンクリートで作られたものです。豊臣時代と徳川時代の折衷的な外観になっているそうです。

20160430_06.jpg

天守展望台から南方向の眺め

20160430_07.jpg

金蔵

20160430_23.jpg

内堀

20160430_24.jpg

二の丸北西方向より天守

20160430_08.jpg

山里丸石垣の機銃掃射痕

20160430_25.jpg

極楽橋と天守

20160430_26.jpg

北西方向から内堀と天守

20160430_27.jpg

京橋口・肥後石

城内で2番目に大きい巨石です。

20160430_28.jpg

西外堀・乾櫓

20160430_29.jpg

千貫櫓と多聞櫓

20160430_30.jpg

西の丸から天守

20160430_31.jpg

焔硝蔵(えんしょうぐら)

1685年に建造された火薬庫。

20160430_32.jpg

一番櫓

20160430_33.jpg

あまりに広大で、気づいたら14:00。5時間も歩き回っていました(^_^;
本日もうひとつのメインイベント、伊丹空港に移動します。

伊丹空港の飛行機撮影スポット

15:15、伊丹スカイパークの南駐車場に到着。ここは離着陸する飛行機か間近で見られる有名な公園です。

伊丹スカイパーク

20160430_09.jpg

20160430_10.jpg

20160430_11.jpg

20160430_34.jpg

1時間ほど滞在後、車から折りたたみ自転車を取り出し、スカイパークの駐車場から千里川土手に移動しました。本日の最終目的地はここ。

千里川土手

伊丹空港でもナンバーワンの撮影ポイントといわれている場所です。 道はよくわからなかったのですが、なんとなく土手沿いを走っていたら着きました。

着陸機が真上を通過していきます。

20160430_12.jpg

20160430_13.jpg

20160430_14.jpg

20160430_15.jpg

20160430_16.jpg

20160430_17.jpg

19:30まで粘って、撤収しました。

まとめ

ここは、今回楽しみにしていた場所ですが、大阪城で体力を使い果たし、カメラのバッテリー切れも心配になって、思ったような写真を撮ることができませんでした。いや、最大の原因は、自分の腕です。。 一日いても飽きない場所なので、もう一度リベンジしたいと強く思いました。

 

関連記事