100名城:広島県福山市の福山城に行く

  •  
  •  
  • Category:

福山市は広島県第二の規模の都市で、福山駅には新幹線も停車します。 その目の前にあり、新幹線のホームからも見える福山城ですが、 ドライブも旅の目的のひとつなので、車で行ってきました。
大阪より西への長距離ドライブは昨年秋の備中松山城以来。 以前はよく夜中に走行していましたが、今回は、眠気を我慢しながらの運転に自信がなく、 朝5時に起きて、昼過ぎに着くスケジュールにしました。 高速道路は、三重の亀山JCTと四日市JCTの間と大阪から兵庫にかけての吹田JCTと神戸JCTの間が渋滞ポイントですが、 四日市は動かなくなるほどでもなく、神戸は渋滞なしと順調でした。休憩は滋賀県の土山SAと岡山県の吉備SAの2回。 むしろ、福山東ICを降りてから福山城までの道がやや混雑し、お城の前の駐車場も満車で少し待ちましたが、 ほぼ予定通り、家を出てからちょうど9時間、14時過ぎに現地に到着しました。

福山城【備後国】

福山城の築城開始は1619年。 当時は武家諸法度により新規の築城が禁止されていましたが、そのなかで例外的に認められた最後の近世城郭です。

20161119_01.jpg

1600年の関が原の戦い以後、ここは広島藩「福島正則」の領地でしたが、1619年、 福島正則は、広島城の改修を幕府に咎められて改易となり、49万石だった旧領は分割されます。

浅野長晟(ながあきら)が紀州和歌山より、安芸1国・備後8郡42万石を与えられて広島に 「水野勝成」が大和郡山より、備後6郡と備中2郡10万石を与えられ、福山に入りました。

当時の将軍徳川秀忠は、譜代大名で武将としての誉れが高い勝成を、西国の外様大名の抑えとして充てたといわれています。 備後には、かつて広島藩の支城であった神辺城(かんなべじょう)がありましたが、勝成はこれを使わず、 これより南西の瀬戸内海に面した場所に築城を決め、1622年に完成。福山という地名もこのときにつけられました。

水野勝成

水野勝成は、父の姉が徳川家康のお母さんで、家康からみると21歳下の母方のいとこになる人ですが、若い頃はかなりやんちゃでした。 10代から数々の戦で、数多くの敵の首をとる武功をたてますが、20歳のとき、父の寵臣を斬りつけ勘当されると、流浪の身となります。 その後、黒田長政、小西行長ら秀吉方の武将に仕えますが、気に入らないことがあると出奔を繰り返し、次々に主君を変えていきました。

1599年、34歳のとき、家康の仲介で、父と和解。翌年、父が殺害されると家督を相続し、三河国の刈谷城主になりますた。 1615年の大坂の夏の陣後、大和郡山藩主を経て、1619年、福山藩主となりました。

福山入封後は藩政に尽力しました。領民からも人気があり、名君と言われたそうです。

水野家から阿部家まで

水野家は、1698年、5代79年で、嗣子がなく改易となり、2年の天領、1代10年の「奥平松平家」(家康の娘の嫁ぎ先)を挟み、 1710年、徳川譜代の臣である「阿部家」が宇都宮藩から入封。以後、1871年の廃藩置県まで、10代161年、在封しました。

有名なのは、7代目の阿部正弘。幕末期に25歳で老中首座となり、日米和親条約を締結しました。 阿部家は他にも幕閣を担った人材を多数輩出しましたが、それゆえ領国の経営には関心が薄く、 藩の財政は常に厳しかったようです。

ちなみに、水野家は、1698年、一族で勝成の曾孫にあたる勝長が、名跡を継ぐことを許され、 能登西谷藩を経て、下総結城藩に入封し、以後1万8000石で、幕末まで存続しました。

訪問記

お城で残っているのは本丸部分だけですが、それでも現存する伏見櫓と筋鉄御門の連なる入口は、 当時の雰囲気が伝わってくるようで、わくわくしました。

伏見櫓は、1619年に廃城が決まった京都の伏見城から移したもので、 ほかにも全国にいくつか伏見城から移したと伝えられる櫓はありますが、 裏づけがとれているのはここだけなのだそうです。

今ある天守は、昭和41年に再建された鉄筋コンクリートの復興天守。 第二次大戦まで江戸時代のものが現存していましたが、空襲で消失してしまいました。 かつてのものには、北側部分の前面に、防御のために鉄板が張られていたそうですが、再現されていません。 でも、天守からの眺めは良好でした。

伏見櫓

20161119_02.jpg

筋鉄御門

20161119_03.jpg

天守からの眺め

20161119_04.jpg

都市景観100選

福山城周辺は、国土交通省・都市景観大賞審査委員会による「都市景観100選」に選ばれているそうです。 城の紅葉も綺麗でした。

20161119_05.jpg

天然温泉「尾道ふれあいの里」

尾道に移動し、公共の宿・天然温泉「尾道ふれあいの里」に宿泊しました。尾道といっても山のほう。 朝食付きで5700円。先に普通のビジネスホテルに予約を入れていたのですが、 出発2日前に、こちらに空きが出たので、切り替えました。コスパは最高でした。 場所が場所なので、もう一度泊まる機会はないかもしれませんが、もしあればまた泊まりたいです。

20161119_06.jpg





 

関連記事