2017年2月10日

AmazonのFire TV StickでNASの動画をTVで視聴する

「パソコンに保存しているホームビデオやテレビ録画などの動画を自宅のテレビで気軽に観たい!」 これは私が長年実現したいと思っていることです。 だいぶ前から一応観られるようにはなったのですが、今までは再生がスムーズでないなどの問題がありました。 今回、Amazonの「Fire TV Stick」という製品を使って、ようやく日常使いできる目処がたちました。

「DLNAサーバー」と「DLNAクライアント」の準備

パソコンやNASに保存している写真、動画、音楽データをテレビで見るための方法のひとつとして、 データを送る側の機器に「DLNAサーバー」、受け取る側の機器に「DLNAクライアント」 を用意するやりかたがあります。 我が家のテレビ、SONYのBRAVIAには元々「DLNAクライアント」の機能がついていたので、 パソコン側に「DLNAサーバー」だけを準備すればよく、これまでこの方法でやってきました。
今回もDLNAサーバーとクライアントを利用するのは同じですが、 DLNAサーバーの機器をパソコンからNASに変更、 DLNAクライアントの機器をテレビからFire TV Stickに変更し、 それぞれにPLEXというソフトを使うことにしました。

NAS(Synologyのds216j)に「Plex Media Server」をインストール

我が家のNAS「Synology ds216j」には、パッケージセンターという名の専用のストアがあり、 ここから自分の用途に合ったアプリをインストールして、使うことができます。 パッケージセンターには、Synologyの純正の「メディアサーバー」と サードパーティーの「Plex Media Server」の2つのDNSサーバーがありましたが、 汎用性を重視して後者をインストールすることにしました。

20170210_01.jpg

Plex Media Serverの細かい設定は、他のサイトに譲りますが、 基本的には、NAS上の「動画」「写真」「音楽」のそれぞれのデータが入ったフォルダを Plex Media Serverの対応するライブラリに登録していけばよいです。 最初、データのすべてがライブラリに登録されるまでには一日近くかかりましたが、 以後は追加したものだけが随時登録されていくだけなので時間は気になりません。
DLNAサーバーのコンピューターは常時起動していたほうが便利といわれます。 NASは元より常時起動で使っており、それに支障はありませんでした。

以下のリンク記事などを参考にメディアサーバーの設定をしました。
Plexを使ってFire TV StickでPC内の動画や音楽を再生する方法

20170210_02.jpg

FireTV stickに「Plex」をインストール

「Fire TV Stick」は、Amazonが作っている小型の端末です。価格は4980円。 HDMI端子でテレビに接続。テレビ画面をディスプレイにして、付属のリモコンで操作します。 基本的には、Amazonのプライムビデオを見るための道具ですが、 OSはAndroidベースのFireOSというもので、Androidの端末のように、Amazon専用のアプリストアから、 好きなアプリをインストールして使うこともできます。

Amazonのプライム会員なら何はともあれ買っておいてよい、おすすめの製品です。 今回の私はビデオのためでなく、自宅で自分で撮った動画を観るための機器として購入しました。

20170210_03.jpg

Amazonのアプリストアから、DLNAクライアントの「Plex」をインストールしました。

20170210_04.jpg

Fire TV Stickで動画を観る

「Fire TV Stick」は常時テレビに繋げておき、使うときテレビ入力をHDMIに切り替えます。 その後の操作は専用リモコンで行い、アプリ「Plex」を起動すると、 NASの「Plex MediaServer」のライブラリが表示されるので、 そこから観たいものを選んで、視聴を開始します。 映像がカクカクすることもなく、ストレスなしで動画を観ることが出来ました。

なお、FireTV Stickには電源ボタンがありません。ACアダプターのみ。 20分間使っていないと自動的にスリープになるようです。 スリープを待たずにACアダプターを抜いても問題ないそうです。

20170210_05.jpg

まとめ

今までテレビに動画を映し出せても、ファイル形式によって観られないものがあったり、 無線では映像がカクカクして観られたものでなかったりしていて、 PCのDLNAサーバーのソフトを色々変えながら試行錯誤していました。
DLNAクライアントは、これまで元々テレビについていたもの以外を使う発想がありませんでしたが、 今回、テレビに別途、DLNAクライアントを持つ機器を接続すれば、 テレビ自体のDLNAクライアントは使わないでも、視聴できることに気付きました。

DLNAクライアントを変えたことで、観られるファイル形式が増えました。 また、これまで映像がカクカクしていたのは、 今までテレビにつけていた無線LANの子機のせいだったのですが、 これも「Fire TV Stick」に変えたことで、一緒に解決できました。

やりかたは不明ですが、Fire TV Stickを使うことにより、 自宅外のテレビから、自宅にある動画を視聴することもできるようです。
これは、帰省などでおじいちゃんとおばあちゃんの家に行ったとき、 Fire TV Stickを持っていけば、自宅のPCに保存してある子供の運動会のビデオなども、 そこのテレビで観ることができるということであり、 そうなると写真や動画の楽しみ方も広がっていきそうです。

SynologyのNAS「DS216j」で我が家のデータバックアップ環境を見直す

関連記事