2017年2月19日

若洲海浜公園で東京ゲートブリッジとダイヤモンド富士を撮る

最近、テレビのニュースでも時々取り上げられているダイヤモンド富士。 ダイヤモンド富士とは、富士山頂に太陽が重なる瞬間、ダイヤモンドのように輝く現象のこと。 見ることが可能な場所では、富士山の西側では日の出、東側では日の入のタイミングで、 気象条件次第ですが、毎年2度、見られるチャンスがあるのだそうです。

ダイヤモンド富士は、一昨年、CP+の後に横浜から船橋の海岸に移動して、一度撮ったことがあります。 今考えるとよくそんな体力があったなぁとびっくりしますが、 これが今週末に若洲海浜公園で見られるという情報を入手し、 今度はゲートブリッジと絡めた写真もいいかなと思い、出かけてきました。

若洲海浜公園

若洲海浜公園は、江東区の南端にある海上公園です。 最近はあまり訪れませんが、社会人になって初めて車を買った頃には、 海を見るのが好きで、時々来ていました。 今は東京ゲートブリッジの写真が撮れる公園でもあります。

家を出るのが少し遅くなり、慌てて現地に向かったのですが、着いても太陽はまだかなり上にありました。 日がだいぶ長くなりましたね。
撮影ポイントは、先に来ている三脚のおじさんたちが、海岸沿いだけでなく、丘の上などにもいて、少し迷いましたが、 やはり海岸沿いのほうが多かったので、そちらにしました。ただ、肝心の富士山は雲に隠れて見えていません。

20170219_01.jpg

皆さんどんな気持ちなのかしらと思いつつ、陽が落ちるのを待っていると、 隣のおじさん二人が「富士山の頭は見えているんだよね」と話しているのが聞こえてきました。 目を凝らすとたしかにうっすらと富士山が見えました!わかりますか?

20170219_02.jpg

ダイヤモンド富士の時間

陽は落ちはじめると本当に早いです。いつしか周囲からはシャッター音だけが聞こえるようになりました。 この雰囲気、とても好きです。自分もただただシャッターを切りました。
しかし、やっぱり富士山は先だけしか見えませんでした。これでは知らなければ何だかわかりませんね。 しかも太陽は富士山の少し右側を通っていきました。

20170219_03.jpg

20170219_04.jpg

20170219_05.jpg

20170219_06.jpg

20170219_07.jpg

東京ゲートブリッジの夜景

日が沈んだ後は、多くの人が帰っていきましたが、私は残って、普通にゲートブリッジの夜景を撮りました。 だんだん富士山がはっきり見えるようになってきて、日の入りの時このくらい見えていたらなぁと思ったり。

20170219_08.jpg

20170219_09.jpg

東京タワーも見えていたので一応撮っておきました。

20170219_10.jpg

20170219_11.jpg

次のダイヤモンド富士は?

毎年2度、チャンスがあるとは知りませんでした。 天気とともに休みの日であることも条件になりますが、ここは気軽に来れる場所ですし、 綺麗なダイヤモンド富士が撮れるまで、チャレンジしてみてもいいかなと思っています。


関連記事