2017年3月16日

ブロンプトンのタイヤをシュワルベのマラソンに交換しました。

パンクは突然に

日々の通勤で使っている英国製折り畳み自転車ブロンプトン。 先日、会社から帰ろうとしたとき、後輪のタイヤの空気が抜けていて、 乗れなくなっていました。

会社から自宅までは2km弱。 自転車が使えないときは徒歩通勤になりますが、 自転車と比べて、気づかないうちに体に負担がかかっているようで、 一日終わった時の疲れがかなり違います。
雨の日などは仕方ないですが、自転車がないのは、仕事にも影響してきます。

早速、翌日半休を取り、購入した葛飾区お花茶屋の「サイクルハウスしぶや」さんに持っていき、 直してもらうことにしました。
ええ、自分で修理する気は全くありませんでした(苦笑)

事前にしぶやさんに問い合わせたところ、パンク修理は、チューブ交換前提で行い、 タイヤは状態をみてとのことでしたが、 持って行ったところ、案の定、タイヤも交換することになり、 シュワルベのマラソンというタイヤを勧められたので、そちらにしてみました。

20170316_01.jpg

シュワルベのマラソン

純正品と比較してメリットは、価格が安いのと、パンク防止の機能がついている点。 デメリットは、少し重量が増し、修理・交換がしづらくなる点だそうです。
重量は気になる程でもなく、自分で修理することもないので、メリットを優先しました。 乗り心地を気にする人もいるそうですが、これも自分の場合は、 乗り比べでもしない限りわからないぐらいのもので、慣れてしまえば問題ないと判断しました。

タイヤの値段は、税込3240円。チューブ、リムテープ、工賃を含めて、総額6804円でした。 何度も足を運ぶのが面倒なら前輪も替えたほうがいいといわれましたが、もったいないので後輪だけにしました。 高級自転車はランニングコストも高いですね。。ちなみに純正のタイヤは5000円台だったと思います。

作業時間は1時間。お花茶屋は、駅前に商店街はありますが、時間を潰せるようなところがなく、 車の中でネットを見たりして待ちました。

ブロンプトンは購入してから丸4年が経過。週一回タイヤの空気チェックは欠かさず、 時々拭いたりしながら、大事に乗ってきました。これからも一生ものとして、大切にしていくつもりです。

20170316_02.jpg

折りたたみ自転車(BROMPTONのM3L)買いました。


関連記事