2017年6月29日

学習期間2か月弱で日商簿記2級に合格!(^^)v

6月11日(日)に受けた第146回日商簿記検定2級の試験の結果がわかりました。見事合格です!

20170629_01.jpg

受験の動機は、ここのところ娘が勉強を頑張っているので、父ちゃんもいいところを見せようと思ったから。 また、最近勤務先の業績が思わしくないので、合格の実績で少しでも自分に箔をつけられればと考えたからです。

試験前の感触は、合格ライン(100点満点中70点)にぎりぎりぐらいの準備はできたかなぁという感じでした。 本番の試験は、それまでにやっていた模擬テストよりも易しく感じましたが、完璧に解けたわけではなく、 帰宅後ネットに出ていた解答速報を見ても、自分の答えを控えていないので、なんとなくぎりぎりかなぁという感じで、 もやもやしていました。

今日はネットでの合否速報で、点数など詳細はわかりませんが、とりあえず合格が判明してひと安心。 父親のカッコイイ姿を見せることが出来ました。

学習期間は、4月中旬頃から約2か月弱でした。

学習に使用した道具は、

  • テキスト「日商簿記2級14日間ラクラク合格術」
  • 問題集「第146回をあてる TAC直前予想 日商簿記2級」
  • 電卓「シャープ:EL-N802-SX」
の3つでした。

テキストは、2008年に買ってから数ページ読んだだけで、本棚の肥やしになっていたものです。 この間に出題内容の改定もあり、言わば賞味期限切れの本でしたが、大まかな試験範囲のイメージを掴むことはできました。 役に立ったのは問題集で、GW明けから、収録されている4つの模擬テストを何度も繰り返し解いたことが力になりました。

勉強をはじめて10日ぐらい経った頃に、骨折~入院のアクシデントもありましたが、 かえって絶対頑張ろうという気になったし、 自宅療養の休業期間中は、働きながらよりも勉強の時間がとれたかもしれません。

2級の試験の合格率は、直近5回の平均が18.16%でしたが、今回は現在の速報で47%だそうです。 近年稀にみるラッキーな回であったことは間違いなく、巡り合わせの運もありました。

合格証書と成績票の発送は7月14日とのこと。とても待ち遠しいです。




関連記事