2017年7月16日

多度大社と熱田神宮にお参りする。

松坂城に行き、四日市の工場夜景を撮って、四日市のホテルに泊まった初日。 旅の2日目は、多度大社と熱田神宮を参拝して、帰途につくことにしました。 一の宮巡拝は、新一宮の北海道神宮を残すのみとなり、これからは気になった神社をお参りし、御朱印を収集していきます。

多度大社(三重県桑名市多度町)

江戸時代にお伊勢参りが流行っていた頃、「お伊勢参らばお多度もかけよ、お多度かけねば片まいり」と言われた多度大社。今まで伊勢神宮には2度行っていますが、ここは行ったことがなく、今回、伊勢神宮の傍まで行きながら、伊勢神宮に行かなかったので、こちらをお参りすることにしました。

訪れる前は、先程の言葉は、どうせこのあたりの商人が考えたキャッチフレーズだろうと思い、神社もあまり期待していなかったのですが、訪れてみたらとても素敵な神社でした。これまでに行ってよかった神社ベスト10に入る神社です。

20170716_01.jpg

毎年5月の例祭で「上げ馬神事」が行われる坂。 6頭の馬が急坂を登り、登りきれた馬の数でその年の米作りの吉凶を占うのだそうです。 最後の部分は、坂というより壁でした。

20170716_02.jpg

神社は多度山の麓にあります。古来、この地方の人々は多度山に祈りを捧げ、 山には神にそれを伝える使者として白馬が棲むと言われていました。 で、神社には白馬がいます。なかなか愛嬌のある馬でした。

20170716_03.jpg

於葺門(おぶきもん)をくぐると本殿の神域。本殿は本宮と別宮の二社構成。 本宮の御祭神は天津彦根命(あまつひこねのみこと)。天照大御神の御子神で、天候を司る神だそうです。 別宮の御祭神は天目一箇神(あめのまひとつのみこと)。天津彦根命の御子神。 金工鍛冶の神で、片目が見えなくなり、一つ目なのだそうです。

20170716_04.jpg

20170716_05.jpg

御手洗所(みたらしじょ)。水がとても気持ち良かったです。

20170716_06.jpg

20170716_07.jpg

新宮社。多度大社の創建は6世紀で21代、雄略天皇の頃と言われていますが、戦国時代に織田信長の焼き討ちに遭いました。江戸時代になり桑名藩主本多忠勝によって再建される際、 両宮の御神体はまずこの新宮社に還御されたと伝えられているそうです。

20170716_08.jpg

熱田神宮(愛知県名古屋市熱田区)

三種の神器の1つ、草薙剣(くさなぎのつるぎ)を祀る神社。ツマと14年前に一度訪れていますが、 残っているのは本宮の写真だけで、そのときの記憶はほとんどありません。 境内は広大で、摂社末社もたくさんありますが、今回はしっかり参拝したいと思います。

20170716_09.jpg

別宮 八剣宮(はっけんぐう)

本宮と同じ造りの社殿。本宮同様に、熱田大神を主祭神に、相殿神には、天照大神、素盞嗚尊、日本武尊、宮簀媛命、建稲種命を祀ります。 素盞嗚尊は天照大神の弟、日本武尊は12代景行天皇の御子、宮簀媛命(みやすひめのみこと)は日本武尊の妃。建稲種命(たけいなたねのみこと)は宮簀媛命の兄です。

20170716_10.jpg

摂社 上知我麻神社(かみちかまじんじゃ)

宮簀媛命の父で、尾張国造「乎止與命(おとよのみこと)」を祀ります。

20170716_11.jpg

摂社 日割御子神社(ひさきのみこじんじゃ)

御祭神は天忍穂耳尊(あめのおしほみみのみこと)。天照大神の御子で、天孫瓊々杵尊(ににぎのみこと)の父です。

20170716_12.jpg

摂社 孫若御子神社(ひこわかみこじんじゃ)

御祭神は天火明命(あめのほあかりのみこと)。瓊々杵尊の兄、あるいは御子といわれるかたで、 尾張氏の祖とされています。

20170716_13.jpg

摂社 南新宮社(みなみしんぐうしゃ)

御祭神は素盞嗚尊(すさのおのみこと)。熱田神宮で唯一の丹塗りの社殿です。

20170716_15.jpg

楠御前社(くすのみまえしゃ)

御祭神は天照大神の父母、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と伊弉册尊(いざなみのみこと)。 種々の病気を治す、安産の神として信仰されており、絵馬がたくさん掛かっていました。

20170716_14.jpg

徹社(とおすのやしろ)

御祭神は天照大神の和魂(にぎみたま)。神の霊魂には、荒魂(あらみたま)と和魂の両面があるとされ、 和魂は慈しみ加護してくださる側面だそうです。 本宮の裏に荒魂(あらみたま)を祀る一之御前神社(いちのみさきじんじゃ)がありますが、そちらは撮影禁止です。

20170716_16.jpg

ようやく二の鳥居。

20170716_17.jpg

献酒。

20170716_18.jpg

大幸田神社(おおさきだじんじゃ)

御祭神は素盞嗚尊(すさのおのみこと)の御子で、五穀をはじめ食物を司る「宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)」。多くの稲荷神社で祀られている神様です。

20170716_19.jpg

信長塀

織田信長は、桶狭間の戦いの前、熱田神宮に必勝祈願をし、大勝しました。 そのお礼として奉納したもので、日本三大土塀の一つだそうです。

20170716_20.jpg

一の鳥居。

20170716_21.jpg

本宮

20170716_22.jpg

結婚式をやっていました。神社での結婚式、素敵です。

20170716_23.jpg

20170716_24.jpg

20170716_25.jpg

清水社(しみずしゃ)

御祭神は水の神様である罔象女神(みずはのめのかみ)。天照大神の母、伊弉册尊は、火の神・迦具土神(かぐつちのかみ)を生んだときに負った火傷が致命傷になりますが、その死の間際にした「尿(ゆまり)」から生まれたのが罔象女神です。

20170716_27.jpg

摂社 御田神社(みたじんじゃ)

御祭神は大年神(おおとしのかみ)。素盞嗚尊(すさのおのみこと)の御子で、宇迦之御魂神の兄弟神。 五穀豊穰の守護神です。

20170716_26.jpg

摂社 龍神社(りゅうじんじゃ)

御祭神は吉備武彦命(きびたけひこのみこと)と大伴武日命(おおともたけひのみこと)。 「古事記」に記載はなく、「日本書紀」において、日本武尊の東征にあたり従者としてつけられた人物として記載されています。

20170716_29.jpg

境内には本宮、別宮、摂社8社、末社19社が祀られているそうです。 すべては確認できませんでしたが、写真を載せていないものも含めて、 滞在時間2時間で、本宮、別宮、摂社7社、末社16社をお参りできました。 すごいご利益があってもよさそうですが、 東京までの帰りは、御殿場を過ぎたところから激しい渋滞に巻き込まれ、 行きの松坂城までにかかったのと同じ、5時間半もかかって自宅に着きました。

20170716_28.jpg


関連記事