Androidタブレットで実家から自宅のSynologyDS216jのVPNサーバーに接続し、自宅の録画データを視聴する。 - takerokero blog

Androidタブレットで実家から自宅のSynologyDS216jのVPNサーバーに接続し、自宅の録画データを視聴する。

先日購入した HUAWEI MediaPad T2 7.0 Proを使って、何か新しいことができないかと、 いろいろ試しています。

おじいちゃんやおばあちゃんの家に行ったときに子どもの運動会などで撮ったビデオなどを、 ちょっとした話のついでに、気軽に見せることができたらいいなと思い、 設定してみたところ、実用的に使えそうだったので、その方法を紹介したいと思います。

20171007_06.jpg HUAWEI MediaPad T2 7.0 Pro



我が家のネットワーク構成図

まず、我が家のネットワーク環境を簡単に説明します。画像が小さくて恐縮ですが下記のとおりです。 フレッツ光の機器にルーターを繋げ、その同一LAN上にNASが2つとパソコン、あとAmazonのFireTVStickがあります。NASとパソコンにはIPアドレスを固定で割り当てています。FireTVStickは、HDMI端子でテレビに接続。写真、動画、音楽ファイルは、メディアサーバー(DLNAサーバー)になっているSynologyのNASに保存していて、ここにあるものを、FireTVStickのアプリを使って、テレビで観るというのが普段の使いかたです。

外に持ち出したタブレットを使っても、同様のことをできるようにするというのが今回のテーマ。 その方法として、自宅にVPNサーバーを用意することにしました。 VPNサーバーは、バーチャル・プライベート・ネットワークサーバーの略で、 外から接続した機器を自宅内のネットワークの一員として振舞えるようにするものです。 実家からタブレットでVPNサーバーに接続すれば、タブレットは自宅にある機器の仲間として扱われるようになり、自宅にいるときと同じようなことが、実家でも行えるようになるわけです。

20171007_01.jpg

SynologyのNAS(DS216j)にVPNサーバーを導入

VPNサーバーの機能は、使用しているルーターにもありましたが、 SynologyのNASに多機能なものがあったので、そちらを使うことにしました。 アドオンパッケージに用意されているものをインストールし、簡単な設定をするだけよいです。

20171007_02.jpgNAS ds216jの操作画面

以下のリンク記事などを参考にしました。
VPN Server の設定

DDNSサービスの利用

自宅からインターネットに接続する際、プロバイダから「グローバルIPアドレス」というものが割り当てられます。これは自分の場所を示す住所のようなもの。 外から自宅にアクセスするときは、自宅の目印としてこのアドレスを指定すればよいのですが、 やっかいなことに、通常このアドレスの値は、周期的に変わっていきます。

その対処として、まずは「グローバルIPアドレス」と固定の名前(ドメイン名)を紐づけてくれるDDNSサービス(ダイナミック・ドメイン・ネーム・システム・サービス)に登録をします。有料だと、一般人がそこまでして自宅への接続をしなくてもいい気にもなりますが、無料で提供している業者もあります。私は、無料の「mydns」を使いました。

DDNSサービスは、グローバルIPアドレスとドメイン名を紐づけてくれるだけなので、 グローバルIPアドレスがプロバイダーによって変更されるたびに、 DDNSサービスのIP設定を自分で変更しなければなりません。 いちいち手動でやるのは現実的でありませんが、自宅のパソコンを使って自動で行う方法があります。DiCEというフリーのPCソフトを使用します。

以下のリンク記事などを参考にしました。
DDNS(ダイナミックDNSサービス)とは?無料DDNSサービスの「mydns」で、自宅PCを設定したみた
Synology NASをDDNS(ドメイン名)でアクセスする

20171007_03.jpg



AndroidタブレットのVPN接続設定

受け側の自宅の準備ができたら、タブレットの設定を行います。 「設定」の「無線とネットワーク」のなかにある「VPN」に、 自宅のVPNサーバーに接続するための情報を追加します。サーバー名には、DDNSサービスで取ったドメイン名を入力します。接続できれば、OK。 自宅のLANに繋がっている状態では接続に失敗するので、 自分の家でない場所で接続するか、自宅であれば、自宅のWiFiの接続を切り、電話の回線を使って接続する必要があります。 接続の確認がとれた後は、使いやすいように「VPN」設定のショートカットをAndroidのホーム画面に置きました。

20171007_04.jpgTablet MediaPad T2 7.0 ProのVPN接続画面



自宅のメディアサーバーにアクセス

VPNの接続ができたら、あとは家と同じようにしてNASに保存している動画を観ます。DLNAクライアントのアプリ(私の場合は、VLC for Android)を起動し、メディアサーバーのフォルダを参照。観たいものを選んで視聴します。実家は自宅と同じフレッツ光のWiFi環境ですが、そこでは動画もスムーズに観ることが出来ました。

20171007_05.jpg発表会のビデオを視聴。画面右上の小さな鍵マークがVPN接続の印。

また、リモートデスクトップのアプリ(Microsoft Remote Desktop)を使って、実家から自宅のパソコンの遠隔操作もできました。 試してはいませんが、今回タブレットでできたことは、実家のパソコンを使ってもできるはずです。便利な時代になりました~。

以上のことが携帯電話の回線でもできれば、場所を選ぶ必要が完全になくなります。 MediaPad T2 7.0 Proに使えるSIMカードを持っていないので、 スマートフォンのデザリングでやってみたのですが、 こちらは動画がカクカクして、使えるものではありませんでした。 スマホのパワー不足か、回線速度のせいか、、。 となると、MediaPadに直接挿せるSIMカードを入手してうまくいくか、試したくなりました。

AmazonのFireTV stickでNASの動画をTVで視聴する

関連記事