電気シェーバー「ラムダッシュ(ES8251)」の外刃と内刃、バッテリーを交換する

  •  
  •  
  • Category:

長年使用してきた電気シェーバー「ラムダッシュ(ES8251)」。 だいぶ前からバッテリーの持ちは悪かったのですが、最近は剃り心地も悪くなり、今日に至っては髭を剃った後、なんだか顔がヒリヒリ。 あんまり痛いので髭剃りをよく見てみると、外刃が欠けていました。これでは痛いはずです。

カミソリはこれしかないので急いでなんとかしないといけなくなりましたが、新しいシェーバーを選ぶのも面倒なので、 替刃が売っていないか探してみることにしました。

シェーバーの購入履歴をアマゾンで確認すると、注文日は2007年12月24日。もう10年も使っていました。 こんな昔のものの替刃があるかなと思いつつ、「ES8251 替刃」で検索してみるとすぐに対応の替刃が出てきました。 昔だったらいちいち電気屋さんに行って聞かないといけなかったものが、こうして簡単にわかり、すくにネットで注文できるのだから楽になりました。

ES9020 [シェーバー用替刃(セット) (ES9161+ES9068)]



ついでに蓄電池(バッテリー)も調べてみたところ、これも対応するものが売られていていました。 交換もメーカーは推奨していませんが、手順はネット上に公開されており、自分でもできそうなことがわかったのでやってみることにしました。

ESLA50L2507N [蓄電池]



早く届きそうだったので、今回はヨドバシで注文。15時に注文したものが20時過ぎには届き、びっくりしました。

外刃と内刃の交換

これは普通に売られており、メーカーも外刃は1年、内刃は2年での交換を推奨しているぐらいのものなので、簡単に交換できました。 内刃は両端を持ってそのまま上に引き抜けば外れるので、そこに新しいものも差し込めばよく、外刃はフレームごと替えるだけです。

20180414_01.jpg

バッテリーの交換

こちらも以下の動画を見ながら簡単にできました。注意するのは、ねじを外すときにねじ山を潰さないように気をつけることぐらい。 交換後は充電し、動作すればOKです。



20180414_02.jpg

まとめ

髭を剃った感想は、月並みですが、新品によみがえったようでした。まず音が違います。 10年前に17800円で買ったシェーバーが6000円弱でよみがえり、満足しました。





 

関連記事