ひたち海浜公園で見頃を迎えたネモフィラを撮る

ここ数年、ニュースでよく取り上げられている国営ひたち海浜公園のネモフィラ。 まだ行ったことがなくて、昨年は「今年こそ」と思っていた矢先に怪我で入院。ようやく念願が叶いました。 いつもはGW中に見頃を迎えるのですが、今年は開花が早く、この週末がちょうど見頃とのこと。 天気も良く、混雑は必至なので、早めに出かけることにしました。

GW期間は7時30分からになりますが、今週はまだ9時30分からの開園。 通常だと東京からひたち海浜公園まで約1時間30分なので、駐車場の入口で少し渋滞しても、 8時頃に家を出れば10時過ぎには着くだろうという見込みで出発しました。 ところが、道路が首都高に上がってから終始混雑。この時期、週末はみんなどこかに出かけますよね。常磐道をちょっと舐めていました。 結局、公園の駐車場に着いたのは11時半でした。

「混雑時の迂回ルート」がよかった

事前に調べた際に、混雑時は公園駐車場に入るまで、通常のルートだとひたち海浜公園ICの出口手前から渋滞するとのことだったので、 あらかじめ、公園のサイトで紹介されていた「ひとつ先の常陸那珂港ICから迂回するルート」で行くことに決めていました。 案の定、ひたち海浜公園ICの出口は絶望的な車の行列ができており、ここは通過。 迂回ルートも先が心配になりましたが、こちらからはスムーズに西臨時駐車場に入ることができました。 道の案内も途中に看板が出ていて、迷うことはありませんでした。

混雑時の交通案内 – 国営ひたち海浜公園

20180421_13.jpg

駐車場から公園の入口(西口ゲート)まで結構距離があり、歩きました。そして今日の予想最高気温は26度。 6月下旬並みの暑さとのことで、既に日差しも強く、この時点でかなり体力を消費。 それでも早くネモフィラを見たいと「みはらしの丘」まで急ぎました。

ネモフィラも人もすごかった

時刻は12時。ようやくたどり着いた「みはらしの丘」。ここはニュースで見たままの風景でした。 早速、写真を撮りまくり。人も多いですが、花もたくさんあるので、場所に困ることはありません。 逆にたくさんあり過ぎて、どこでどのように撮ったらいいのか、わからなくなってしまいました。

20180421_01.jpg

20180421_02.jpg

20180421_03.jpg

20180421_04.jpg

20180421_05.jpg

20180421_06.jpg

20180421_07.jpg

チューリップも綺麗でした

西口ゲート近くの「たまごの森」ではチューリップが見頃を迎えており、ここにも多くの人が集まっていました。 たくさんの種類のチューリップが色鮮やかに咲いていて見事でした。

20180421_08.jpg

20180421_09.jpg

20180421_12.jpg

20180421_10.jpg

20180421_11.jpg

公園は広大

公園に入ったときに、案内のおばさんから「砂丘エリアのグラスハウス」に行くこともすすめられたのですが、 暑くてへとへとになりそうだったので、またの機会にすることにしました。 いいところだったので、また訪れたいと思います。



 

関連記事