2018年8月13日

SH67H3にメモリ-を増設する。

パソコンの動作の遅さが気になるようになったので、メモリの増設を行いました。 2011年発売の「Shuttle SH67H3」なんて使っている人は少ないかもしれませんが、 私はこのデザインが気に入っています。

20111105_01.jpg

これまでに、ストレージをHDDからSSDに変えたり、 OSをWindows7 Professional 32bitからWindows10 Pro 64bitに変更したりしてきましたが、 メモリーははじめに組み立てたときの4GBのままでした。

Shuttle SH67H3の製品仕様はこちら↓
株式会社ファスト : SH67H3

SH67H3には、メモリーのスロットが4つあり、最大32GB搭載可能です。 いまは2GBのメモリーを二つつけているので、4GBを加えて8GBにすることにしました。

購入したメモリー

Amazonで評判の良かったものにしました。価格は3680円でした。

取り付け

電源等のケーブルをすべて取り外してから、ケースを開けて、空いているスロットにメモリーを挿すだけ。 気をつけるのはメモリーの方向を間違えないようにするぐらいで、10分もあれば十分作業できます。 ケースを開けるのにもドライバーは要らず、何も難しいことはなかったので、写真を撮るのも省略しました。

タスクマネージャーでメモリの動作と使用率の確認

20180813_01.jpg

右上の「8GB DDR3」が物理メモリーの容量です。 追加した4GBを加えて8GBになっているので、ちゃんと認識されているのが確認できました。

左下「コミット済み」の容量(スラッシュの左側)が、実際のメモリー使用量。 パソコンで普段利用しているアプリケーションやファイルをひと通り開いた状態で、 「コミット済み」の容量が物理メモリーの容量を下回っていれば、足りていると判断できます。

上の図はブラウザのみ起動したときの状態。これで5.9GB。 以前の4GBではこの時点で大分不足していましたが、今回の対応で余裕ができました。

下の図はこれに加えてテレビ動画の編集を行っているときの状態。 これだと、8GBを超えてしまいました。。

20180813_02.jpg

さらに、Lightroom6を起動すると、9GB近くになりました。。

Windowsエクスペリエンスインデックス

Windowsエクスペリエンスインデックスもとってみました。 Windows10 64bitに変えた直後(2017/02/05)にとったものと比較して、メモリーのスコアが大幅にアップしました。

20180813_03.jpg

↓2017/02/05の結果

20180813_04.jpg

まとめ

とりあえず、無事に購入したメモリーが認識され、動作も軽くなったことに満足しています。 私のパソコンの使い方だと、もう少し増やしてもよさそうなので、 少し様子を見て、考えたいと思います。


関連記事