2018年9月16日

続100名城:静岡県島田市の諏訪原城に行く

高天神城の次に向かった先は、高天神城とつながりの深い諏訪原城です。

100名城スタンプは現地で野ざらし

公式ガイドブックにあるスタンプ設置場所「第一駐車場パンフレット置き場」がどこかと思ったら、 大胆にも以下の写真の場所でした!駐車場横ではガイダンス施設が建設中ですが、現状は野ざらし。 雨の日はちょっと心配です。。

20180916_34.jpg

諏訪原城【遠江国】の歴史

1569年、徳川家康が今川氏真が籠城する掛川城を開城させ、今川氏が滅亡すると、 遠江は家康の支配下に置かれますが、駿河に侵攻してた武田氏とすぐに争うようになり、 掛川城南方の高天神城は武田・徳川両氏の激しい攻防戦の舞台となりました。

1573年、三方ヶ原の戦いで徳川軍を破った武田氏は、牧之原台地の舌状台地先端部に諏訪原城を築城。 武田信玄死去後、跡を継いだ勝頼は、1574年、この城を拠点にした攻撃で、高天神城を手中に収めました。

しかし、1575年の長篠の戦いで武田軍が大敗すると、家康が反攻に転じ、諏訪原城を手中に収めます。 牧野原城と改名し、今度は家康が武田方となった高天神城を攻略するための城として活用されます。 1581年に、高天神城が落城し、翌年、武田氏が滅亡すると、城の存在意義は薄れ、 家康が関東移封となった1590年頃に廃城となりました。

訪問記

スタンプ台のところにあったパンフレットを見ながら案内板どおりに歩いて行くと一通り見てまわれました。 見学時間は、約一時間でした。(15:15-16:20)

20180916_35.jpg

大手南外堀

20180916_36.jpg

大手曲輪

お茶畑になっていました。

20180916_37.jpg

大手北外堀

20180916_38.jpg

惣曲輪

20180916_39.jpg

二の曲輪中馬出

最も迫力があった場所です。三日月堀と曲輪がセットになった「丸馬出」は武田流築城術の典型なのだそうです。

20180916_40.jpg

二の曲輪北馬出の門(復元)

20180916_41.jpg

二の曲輪

二の曲輪は、南北315m東西75mの広大な曲輪です。こちらは北側。中馬出の虎口を入り、東の本曲輪の方向を見たところ。

20180916_42.jpg

内堀

二の曲輪と本曲輪の間の堀。

20180916_43.jpg

本曲輪虎口

20180916_44.jpg

本曲輪

20180916_45.jpg

本曲輪からの眺望

東側は断崖絶壁で、大井川や大井川鐡道がみえました。

20180916_46.jpg

カンカン井戸

内堀のなかに井戸。

20180916_47.jpg

水の手曲輪

足元が悪い中、先まで歩いて行ったのですが、よくわかりませんでした。

20180916_48.jpg

二の曲輪

こちらは南側。北方向を見たところ。奥に見えるのがおそらく北と南を仕切る土塁です。

20180916_49.jpg

外堀

20180916_50.jpg

二の曲輪東内馬出

20180916_51.jpg

二の曲輪南馬出

20180916_52.jpg

二の曲輪大手馬出

20180916_53.jpg

旧東海道に出て一周

ヒガンバナ(曼珠沙華)が少し咲いていました。

20180916_54.jpg

関連記事

続100名城:静岡県掛川市の高天神城に行く






関連記事