足立区都市農業公園でダイヤモンド富士を撮る

日曜と月曜の川口市荒川運動公園に続いて、土曜日は足立区都市農業公園でダイヤモンド富士の撮影に挑戦しました。 足立区都市農業公園は、川口市荒川運動公園から約4キロ荒川を下った場所にあります。 5日でこれだけ太陽の位置が変わってきます。

ギリギリの時間に到着したら、川口のときとは大違いの沢山の人。川沿いに人が並び、入れる場所がないのではと少しあせりました。。 ともかく、列の端っこで三脚を用意し、ファインダーを覗いてみると、今日はばっちり富士山が確認できました。 ただ、その場所は手前のビルのアンテナが富士山の山頂に掛かっていたので、 そこから2、3組分内側の少し間隔が空いていたところに入れてもらいました。

足立区都市農業公園

ピントを細かく確認する余裕もなく、少し手前になってしまった感はありますが、富士山の真ん中に太陽を収めることはできました。

足立区都市農業公園

あっという間に太陽は富士山の中に隠れました。

足立区都市農業公園

余韻に浸る人たち。

足立区都市農業公園

引き揚げる途中。やっぱりもうちょっと行列の内側がベストポジションでした。まぁ空いてなかったのですが。

足立区都市農業公園

少し引いた構図もいいかなぁなんて。

足立区都市農業公園

今シーズン3度目の挑戦でようやくダイヤモンド富士を撮ることができました。 やっぱり富士山はすごいですね。絵になります。 今度は山中湖とか富士山に近いところにも行ってみたいです。





関連記事