「日本の夕陽百選」に選ばれている萩の笠山で夕陽を撮る

17:00過ぎ、津和野より宿泊している萩に戻ってきました。少し早めに戻ってきたのは、夕陽が撮れたらいいなと思ったからです。

泊っているのは、「萩観光ホテル」 。萩の中心部から5kmくらい離れたところ、「笠山」(標高112m)という山の中腹にありますが、 この山の頂上からの夕景が「日本の夕陽百選」に選ばれているのだそうです。 頂上まで車で上がれて、展望台も用意されているとのこと。昨晩、宿の部屋に置いてあった新聞の切り抜き記事で知りました。

萩でここに泊まらなければ、行ってみようとも思わなかった場所。 朝、角島で日の出を撮ってきたので、ここで夕陽を撮れば、一日のうちに日の出と日の入り両方の写真を撮ったことになります。 これまでにそんなことをしたことがないので、ちょっと気分が上がりました。

萩反射炉

笠山に向かう途中、少し日の入りまで時間があったので、萩反射炉に立ち寄りました。 昨日から萩に泊まっていますが、萩で幕末の歴史を感じられる観光を何もしていませんでした。

萩反射炉は、萩藩が安政3年(1856年)に西洋式の鉄製大砲鋳造を目指して建設した炉。 試作的に築いたもので、本式には築造されなかったそう。 世界遺産「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産のひとつになっています。

20190217_78.jpg

宿の周辺には飲食店やコンビニがなく、反射炉の前のセブンイレブンには、旅行中お世話になりました。

笠山

そうこうしながら、笠山の山頂には17:20に着きました。

20190217_79.jpg

「笠山」は世界最小の火山ともいわれており、山頂のすぐそばには直径30m、深さ30mの小さな噴火口があります。 噴火口を間近に見られるのも珍しいそうです。ちょっとだけのぞいてきました。

20190217_80.jpg

その後は展望台で、ゆっくりと時間が流れるのを待ちました。若いカップルや外国人の方など、他に見に来ている人が何人いました。

萩六島とよばれる平らな島々が、綺麗に見えました。(左から相島、羽島、尾島、肥島)

萩六島

太陽の下の島が鯖島。目の前の島は九島。左側手前の見切れているこんもりした山が萩城の指月山です。

20190217_82.jpg

20190217_83.jpg

20190217_84.jpg

20190217_85.jpg

20190217_86.jpg

20190217_87.jpg

贅沢な時間を過ごせました~。

私のとなりには、西洋人のご夫婦らしき方がいました。 その様子からこの景色にきっと満足されたことと思いますが、日本に来てこんなところの夕陽を見に来られるなんて渋すぎます。

日没後、萩中心部の方向。明日は萩の町を観光しようと思っています。

20190217_88.jpg

明神池

笠山の麓の明神池は、溶解岩の隙間から海水が入り込む湖で、ボラやイシダイが泳ぐ珍しい池として天然記念物になっているそうです。 ここも観光地。もう暗くてよくわからないのですが、せっかくなので立ち寄りました。

萩・明神池

萩本陣の奥萩展望台から萩の夜景も撮る

旅行前の計画のなかに夕陽を撮ることはありませんでしたが、夜景はチャンスがあれば撮りたいと思っていました。 今日はもう大分動き回ってますが、明日は夕方の飛行機で帰るのでチャンスは今日しかありません。もう少し頑張ることにしました。

萩本陣・奥萩展望台

東萩の松陰神社そばのホテル「萩本陣」は、標高172mの吾妻山中腹にあり、宿泊客でなくても温泉や山上の展望台が利用できます。 その展望台は足湯に浸かりながら萩の町並みが見られるユニークなスポット、と事前に調べていました。

展望台まではホテルから専用の送迎バスが30分間隔で動いており、19:00のバスで展望台に向かいました。 日曜の夜なので利用者は多くないとは思っていましたが、バスに乗ったのは自分一人、着いた先の展望台にも人はいませんでした。 貸し切り状態で、誰にも気を遣うことなく写真が撮れました。

20190217_90.jpg

送迎バスが出る時間は19:20。運転手さんがそれまでバスの傍で待っていましたが、 次のバスで帰ると伝えるとバスはホテルに帰り、展望台にいるのは完全に自分一人だけになりました。

できればもう少し暗くなりすぎない時間に来られたらよかったですかね。。 さすがに寒くなり、写真は10分くらいで、後はずっと足湯で温まっていました。

20190217_91.jpg

戻ってきたバスにも乗客はいませんでした。19:50の出発まで、足湯につかりながら運転手さんと「夜景が綺麗と聞いて東京から来ました」などと話をしてました。

帰った後、次の便では展望台に上がる人がいるようでしたので、本当にちょうどよいタイミングで訪れることができました。
今日は日の出を拝めたときからツキを感じた一日でした。

 

関連記事