続日本100名城:福島県田村郡三春町の三春城に行く - takerokero blog

続日本100名城:福島県田村郡三春町の三春城に行く

  •  
  •  
  • Category:

自宅のある東京江東区からは常磐道・磐越道経由で約3時間。意外に近いです。 登城前に三春町歴史民俗資料館に立ち寄りました。ここで城のパンフレット(地図)をもらい、続100名城スタンプを押します。

三春町歴史民俗資料館

資料館は三春城と道を挟んで反対側の小高い丘の上にありました。町役場横の細い道を上がり、奥まったところに駐車場もあります。 以下の写真は資料館のわきから三春城を撮ったもの。

20190518_01.jpg

入館料は300円。内部は撮影禁止のため写真が撮れなかったのですが、外観のイメージとはまた違う素敵な内装でした。 ここでざっと三春城の歴史などを確認。城の復元模型が参考になりました。
また、三春町は数年前に亡くなられた登山家田部井淳子さんの出身地だそうで、エベレスト登頂時の日記などが展示されていました。 それと、自由民権運動発祥の地の一つだそうです。どうしてここがと考えてみたら、 会津は新政府に酷い目にあわされましたから、それへの反発という側面もあったのかなと想像し納得。

20190518_02.jpg

資料館を出たところで、もらったパンフレット(地図)を広げて城の縄張りを確認します。 メインは中心の円部分。写真の左下に歴史民俗資料館があります。 地図上に<1>~<5>で示されている城の痕跡スポットは、全て見て回りたいところ。
駐車場は周辺にいくつかあります。 本丸に一番近いのは二の丸のそばですが、痕跡<5>の藩講所表門を見るには、行って戻るかたちになります。 資料館でもう一つもらった「まちめぐり」の案内によれば、 役場隣接の駐車場からでも本丸までの距離は700mとのことなので、 役場隣接の駐車場に停めて、そこから歩くことにしました。

20190518_03.jpg

役場隣接の無料駐車場

資料館のある丘を下りれば、そこが役場横の無料駐車場です。 放射線測定器が置いてありました。0.118μSv/h。国の基準としては一応大丈夫な範囲。

20190518_35.jpg

三春城

三春城は、戦国時代、この地の豪族田村氏の居城でした。

1590年、小田原征伐後の欧州仕置により改易となり、その翌年からは伊勢より会津の若松城に入った蒲生氏郷の支城となりました。氏郷急死後、跡を継いだ子の秀行は、1598年、秀吉によって宇都宮に転封させられましたが、1601年、家康によって会津に復帰します。その後、秀行が31歳、子の忠郷も26歳で死去し、1627年、蒲生氏は伊予松山に転封になりますが、この蒲生氏の頃に、本丸周囲に石垣が築かれ、城下町の整備がされたといわれます。

1627年、蒲生氏と交代するかたちで伊予松山から加藤嘉明が会津に入った際、三男の加藤明利が3万石を与えられて三春藩を立藩しますが、すぐ翌年、二本松藩へ移封。
代わって、二本松藩から入封した松下長綱の時代に、 瓦葺の建物が建設されるなど、近世城郭として整備されました。

1644年、長綱が乱心を理由に改易になると、1645年、秋田俊季が5 万5千石で常陸宍戸より入封。以後明治維新まで秋田氏が11代続きました。

追手門跡(明徳堂表門<5>)

追手門のあった場所に、城の建造物として唯一残る藩校の表門が移築されています。 現在は三春小学校の校門として使われています。

20190518_04.jpg

居屋敷(いやしき)跡

秋田氏の頃には、山麓に居館が作られ、ここが日常の政務と暮らしの場所になりました。 現在は、三春小学校になっています。

以後、山上の本丸は儀式のときしか使われなくなり、1785年の大火で焼けてからは、 三階櫓しか再建されなかったそうです。

20190518_05.jpg

二の門

本丸を囲う道に出てきました。二の門をくぐって右のほうに行くのが表通り。

20190518_06.jpg

揚土門

20190518_07.jpg

九十九折の道を登っていきます。

20190518_08.jpg

三の門

20190518_09.jpg

その先を登ったところが本丸です。

20190518_10.jpg

表門<4>

礎石が見えました。中が本丸になります。

20190518_11.jpg

三階櫓跡

20190518_12.jpg

ここから三春町の中心部が見られます。

20190518_13.jpg

本丸

三階櫓の位置から。本丸は下段と上段に分かれており、奥に見える一段あがったところが上段。 手前の建物はテレビのアンテナです。

20190518_14.jpg

城跡碑

20190518_15.jpg

裏門から本丸下段

標識に二の丸とありますが、戦国時代、田村氏の居城だった頃は、 本丸上段を本丸、下段を二の丸としていたため、ここはその頃の言いかたをしているようです。ややこしい。

前に見える東屋のところにも続100名城スタンプとパンフレット(地図)がありましたが、 少なくとも地図は事前に歴史民俗資料館で入手しておくのがよいと思います。

20190518_16.jpg

本丸裏門外の会津蒲生領時代の石垣<2>

わずかしかありませんが、見どころのひとつ。

20190518_17.jpg

本丸上段

入口はなんとなく枡形のようになっているでしょうか。

20190518_33.jpg

大広間跡

20190518_18.jpg

奥跡

真ん中には「秋田家祖先尊霊」が祀られていますが、これは明治以降に作られたもの。

20190518_19.jpg

本丸からの眺望

地図があったので、周りの山を確認してみましょう。

20190518_20.jpg

南東方向

一番目立っていたのは南東の「片曽根山」でした。その右は「大滝根山」。

20190518_23.jpg

東方向

尖がった「移ヶ岳」とその右に「鎌倉岳」。

20190518_21.jpg

北西方向

北西は本丸上段からは見づらく、下段の三階櫓のところから。安達太良山。

20190518_22.jpg

本丸北東角の会津蒲生領時代の石垣<3>

奥跡の後ろを覗くと石垣が見えました。これはなかなか探せません。無理やり撮影。

20190518_24.jpg

戦国時代末期の石積み<1>

表門から三の門まで下りて、そこから地図にない本丸に沿った道を歩いていったところにありました。

20190518_25.jpg

石積みのところの郭。侍屋敷があった場所?

20190518_26.jpg

搦手門

本丸に沿ってさらに進んで行くと搦手門に出ました。

20190518_27.jpg

矢倉跡

まっすぐ行くと裏門から本丸に入ります。右の階段を下りていくと一番近い駐車場の郭。

20190518_28.jpg

一番近い駐車場の郭から矢倉跡の方向。

20190518_29.jpg

二の丸

現在は児童公園になっています。

20190518_30.jpg

二ノ丸下段の郭。

20190518_31.jpg

竪堀

二の門から本丸のほうに行かず、まっすぐ進んだところ。 橋の下の部分に、大きな竪堀が掘られているとのことで覗いてみましたが、 草で覆われていて、下の道にまわって見上げてみてもなんとなくしかわかりませんでした。

20190518_32.jpg

お城坂枝垂桜

竪堀を下から見上げる道、車で城に入ってくるときに通る道の途中にある桜。 三春といえば「滝桜」が有名ですが、滝桜以外にも立派な桜の木があちこちにあるようです。

20190518_34.jpg

役場隣接駐車場に戻る

現在の時刻は16時20分。見学時間は約2時間でした。 見逃したところは三の丸。行っても広い平場があるぐらいでしょうが。。

実はこの駐車場、13時に歴史資料館に着いた頃は満車で、周辺にも車が溢れていました。 その理由は、三春小学校の運動会があったから。 14時過ぎに運動会が終わり、停まっていた車が動き出してくれたので停めることができました。 もう少し早い時間に来ていたら困っていたかもしれません。

20190518_36.jpg

三春滝桜

最後に三春城から4kmほどいったところにある「滝桜」に立ち寄りました。 もう花の季節は過ぎていますが、葉桜でも迫力は十分に伝わってきました。

20190518_37.jpg

もう少し空が青いときに来たかったですねー。

20190518_38.jpg





関連記事