続100名城:福岡県太宰府市の水城(みずき)に行く

  •  
  •  
  • Category:

2泊3日で九州北部の7城を巡る旅

この週末は、福岡県と佐賀県の100名城4城(福岡城、大野城、佐賀城、吉野ヶ里)と続100名城3城(水城、基肄城、久留米城)に行ってきました。

初日に福岡城と水城、2日目に久留米城、基肄城、大野城、3日目が佐賀城、吉野ヶ里。

そのうち福岡城は2012年8月以来の再訪でした。スタンプは既に押印済みですが、 その頃は城をよく見ないでまわっており、手元に残っている写真は3枚しかありません。 これじゃあ何なのでもう一度しっかり見たいと思った次第。

東京からは飛行機で福岡空港往復。九州内の移動はレンタカー。 宿泊は佐賀県佐賀市の「四季彩ホテル 千代田館」に2泊。
九州北部には他にも100名城・続100名城の城がたくさんあり、 以前の調子でスタンプを集めるだけならもっとまわることもできますが、 今はひとつひとつの城を堪能したい心境なので先にあげた7城にしました。

それでも、福岡城は黒田氏52万3000石の立派な居城、大野城・基肄城は山全体が城。 他も広大で、これらを堪能しようと思ったら、かなりハードな旅になりました。

天気は、初日の午後3時まではしっかりした雨。以降は晴れでした。 城巡りをするには天候も大事。雨なら山城は避けたほうが無難ですが、 雨は最初の平城・福岡城だけでしたので、幸い途中で予定を変更することなく、 ほぼ計画した通りに旅をすすめることができました。
(福岡城は、前回2012年の記事に追記する予定)

水城の歴史

600年代、朝鮮半島では、高句麗、新羅、百済の三国が抗争を続けていました。 660年、日本が支持していた百済の首都・サビ(現在のプヨ)が、唐・新羅連合軍により陥落し、滅亡。 日本は援軍を送りましたが、663年、白村江の戦いで大敗します。

この後、唐・新羅連合軍が日本にも侵攻してくることを恐れ、 ヤマト政権(天智天皇)は、北部九州に防衛施設を築きました。 今回訪れる、水城、大野城、基肄城(きいじょう)がこれにあたります。

水城は664年、東西の山を結んだ平地上に全長1.2km、幅80m、高さ13mで築かれた人工の土塁。 その外側(博多側)には幅60mの濠を作り、水が溜められました。 建設は百済を脱出した渡来人の指導で行われたそうです。

下の模型は大宰府政庁跡の太宰府展示館にあったもので、南が上になります。 中央部分に大宰府政庁。政庁の上の山の小さく見える赤い囲いが、基肄城。 下の山の赤い囲いが、大野城。大野城から西側の山までの間を塞ぐように築かれている土塁が水城です。 大宰府の城壁としての役割を果たしました。

20190615_03.jpg

訪問記

当時の水城の入口は東門と西門の二か所だったので、それらを見て回ることにしました。 はじめに続100名城のスタンプ設置場所「水城館」のそばの東門へ。 それから車で、西門に近いJR水城駅のほうに移動しました。 見学の所要時間は、あわせて1時間45分でした。

東門跡

福岡城を出たのは15時。渋滞で「水城館」そばの駐車場に着いたのは、16時15分。閉館時刻のわずか15分前でした。 駐車場の場所がわかりにくく、迷っていたら間に合わないところでした。

駐車場(水城跡第一広場)

この写真の右後方に駐車場入口があります。車の進行方向正面が東門跡。左に見える木に覆われたところが土塁の一部。道路の右に水城館が見えます。

20190615_01.jpg

水城館(続100名城のスタンプ設置場所)

写真は閉館してから撮ったもの。上が展望台になっています。

20190615_02.jpg

水城館上の展望台からみた水城

現在、土塁は木々に覆われています。

20190615_04.jpg

北側からみた水城

現在、濠はありません。

20190615_08.jpg

東門から延びる古代官道

東門からは博多に繋がる公的に管理された直線道路が延びていました。

20190615_05.jpg

東門

20190615_07.jpg

東門礎石

20190615_06.jpg

木樋(もくひ)

太宰府側にある水路から地下を通して博多側の濠に水を流すための導水管です。

20190615_09.jpg

西門跡

水城駅前のコインパーキングに駐車。西門のそばには駐車場がないのでここから歩きます。

「ふるさと水城城公園」から大野城

その前に駅前の小さな公園に立ち寄りました。水城と大野城が見えるビュースポットとのこと。奥に見える山が大野城のようです。

20190615_10.jpg

土塁断面ひろば

「ふるさと水城城公園」横の「土塁断面ひろば」を見学。これはあまりありがたい感じはしませんでした。

20190615_11.jpg

水城駅を出発したところのJR鹿児島本線、817系。土塁断面広場より。

20190615_12.jpg

西門

水城駅を反対側にまわって、北側から。

20190615_13.jpg

南側から。西門から延びる古代官道は迎賓施設にあたる筑紫館(つくしのむろつみ:鴻臚館)に繋がっていました。 鴻臚館の場所は、長らくはっきりしませんでしたが、昭和62年に福岡城内にあったことが裏付けられました。

20190615_14.jpg

西門礎石

特別案内はなく置かれていました。

20190615_15.jpg

置かれていたのはこんな場所でした。

20190615_16.jpg





 

関連記事