続100名城:佐賀県三養基郡基山町の基肄城(きいじょう)に行く

  •  
  •  
  • Category:

久留米城から移動し、本日2城目。

基肄城は、背振山系の東端にある基山(きざん)と峰続きの東峰の稜線を、 総延長4.3kmの土塁で結んだ日本最古の朝鮮式山城。 築城は665年。水城と同様、唐・新羅の侵攻に備えてのものでした。
日本書紀でも紹介されている城だそうです。

城の面積は約60ヘクタール。主な遺構は、南門跡の水門と、西側の基山頂上周辺、山中の建物の礎石群。 遺構は点在しており、全てを歩いてまわると一日がかりになりそうな規模。

下調べなしで行くと時間をロスしたり、見どころを見逃してしまいそうな気がしたため、 出かける前に一通り予習をして臨みました。

基山(きやま)町民会館

まず、続100名城スタンプ設置場所の基山町民会館へ向かいました。 勝手に木造の小さな建物を想像していたら、ものすごく立派でびっくり。 城までの行きかたと、城の中の地図をもらいました。

ちなみに、城は基肄城(きいじょう)、山は基山(きざん)、町は基山(きやま)と読みます。 町の名は、山と間違えないように別の読みにしたようですが、なんかややこしいです。

20190616_26.jpg

基山町のサイト

南門・水門跡

かつて城の南門があったと考えられている場所には、谷の水を排除するための施設である水門が作られました。 今から1350年以上前のものが、現在も残っています。

ここはこの城の大事な見どころで、是非とも訪れたい場所ですが、 実は、この周辺は平成30年7月の西日本豪雨による土砂災害があり、いまは復旧工事中。

そのためか、町民会館で城までの地図をもらったときも、最初ここを案内してもらえなかったのですが、 事前に調べたネットの口コミで「自己責任の範囲ですが、水門の100mぐらい手前まで車で行き、そこから歩いていけば見ることは可能」との情報を得ていました。
職員さんに「水門に行きたいのですが」と話しをしてみたところ、 口コミ情報と同じ回答をいただき、それならばと行ってみました。

町民会館からは車で15分程度。柵の手前に車を停めて、ここから歩きます。 道路が真新しいのは復旧工事の成果です。

20190616_27.jpg

水門跡

石碑の右側に小さな神社が建っていたようですが、土砂崩れにより跡形もなくなっていました。 よく水門が無事だったものです。

20190616_28.jpg

現地説明板によると石垣は平成22年に保存修理がされたようです。 ただ水門のまわりはしっかりしていて修理が不要だったとのこと。当時の技術はすごいですね。

20190616_29.jpg

水門を城内側から

20190616_30.jpg

水汲み場

水門のそばに水汲み場があり、ペットボトルに何本も水を汲んでいる家族がいました。 「そのままでも飲めますか?」と聞いたら、おかしなことを言うなぁという表情で、大丈夫とのこと。 土砂崩れ以前は、成分表示の案内板などもあったそうです。 飲んでみたら、とてもおいしかったです。普段は水道の水ばっかりなのでとても新鮮でした。

20190616_31.jpg

水門前にあった案内図

水門跡から先の道は徒歩でも通行止めになっているようだったので、 車に戻り、地図の左のほうに見える草スキー場に移動します。 そこから山を登り、他の遺構を見学します。

20190616_34.jpg

草スキー場までの道路は、だんだん道幅が狭くなり、最後はすれ違いも出来なくなりました。 何度か対向車に待避所まで下がってもらいながら、到着。続100名城はこういうところが多いです。。

草スキー場

駐車場に到着。水門跡から車で10分程度でした。

20190616_32.jpg

ここからスキーで滑って降りるところを反対に登っていきます。フ―。

20190616_33.jpg

基山頂上周辺

それでも10分ほどで上まであがれました。山の稜線は南北に通っていますが、南に見える一段高くなったところが基山山頂。まずはそちらのほうにいきます。

20190616_35.jpg

いものがんき

特徴のある凹凸地は、中世に基山山頂に築かれた木山城の遺構で、尾根からのルート遮断する防備施設とのこと。

20190616_36.jpg

基山頂上

標高405m。

20190616_37.jpg

北側の眺望

基肄城の土塁がみえます。

20190616_38.jpg

南側展望台横からの眺望

久留米市方向。

20190616_39.jpg

スキー場を登ったところに戻り、今度は稜線上を北上していきます。

城跡碑

20190616_40.jpg

城址碑の裏の一段高いところから北側(博多方向)の眺望

うっすら博多のビルが見えました。

20190616_41.jpg

ここから丸尾礎石群経由で東北門まで歩いて行き、来た道を折り返す予定。 道を間違えて引き返すのが嫌だったので、 反対方向から歩いて来たグループに道を尋ねて、確認しながら進みました。

20190616_42.jpg

北帝門跡との分岐。北帝門のほうに行って見たい気持ちも若干ありましたが、 距離が少しありそうなのと、なんだか迷いそうな道だったのでパス。

20190616_43.jpg

だんだん下り坂がきつくなってきて、戻ることを考えると嫌になってきました。。

20190616_44.jpg

丸尾礎石群

高台から約15分で到着。礎石は草に覆われて少々見づらい状態でした。

20190616_45.jpg

20190616_46.jpg

東北門

丸尾礎石群から約10分で到着。

20190616_47.jpg

門の外側から。門の脇に礎石があったようなのですが見逃してしまいました。

20190616_48.jpg

所要時間は約2時間40分

草スキー場の駐車場に戻ったのは13時。 だいたい予習で考えていたコース通りにまわれて、所要時間は、町民会館含めて約2時間40分でした。

道中は、山道を歩くため家から持ってきたストックが本当に役に立ちました。 暑かったのですが、時々冷たい風も吹いて、気持ちのいい登城でした。





 

関連記事