100名城:佐賀県佐賀市の佐賀城に行く

  •  
  •  
  • Category:

旅の最終日は佐賀城からスタート。佐賀藩鍋島氏35万7000石の居城です。 明治維新を推進した「薩長土肥」の「肥前」は佐賀藩のこと。支藩として蓮池藩、小城藩、鹿島藩がありました。

佐賀城の歴史

1578年、豊後の大友宗麟が、耳川(みみかわ)の戦いで薩摩の島津義久に大敗すると、 肥前東部の国人出身の龍造寺隆信は、大友氏から自立を果たし、 肥前国(現在の佐賀県と壱岐、対馬を除く長崎県)を統一。 1580年までに筑前、筑後、肥後、豊前へ急速に勢力を拡大しましたが、 1584年、肥前の有馬晴信が離反すると、 島津・有馬の連合軍との間に起きた、沖田畷の戦いで敗死。

隆信の子・政家は、筑後・柳河城にいた家臣の鍋島直茂を 呼び寄せ補佐役とします。

1585年、島津氏の侵攻を受け、滅亡寸前まで追い込まれた大友宗麟が、 1586年、大坂城に出向き、豊臣秀吉に助けを求めたことをきっかけに九州征伐がはじまると、 龍造寺氏は傘下に入っていた島津氏から離れ、豊臣軍に帰参します。

秀吉は、実質、龍造寺氏の指揮をとっていた直茂を高く評価。 九州平定後は、秀吉信任のもと直茂が主君に代わり国政を担うようになりました。

関ヶ原の戦いでははじめ西軍につきますが、東軍に寝返り、 小早川秀包の久留米城、立花宗茂の柳川城を攻略。 黒田長政の仲裁で徳川家康にいち早く謝罪した結果、本領が安堵されました。

1607年、龍造寺家の当主が死去すると、幕府公認のもと、 直茂の子・勝茂が龍造寺家の家督を継ぐかたちで佐賀藩藩主となり、 鍋島家への継承が行われました。

佐賀城の築城は、1608年。 龍造寺氏の居城であった村中城を改修、拡張して築かれました。 四方を幅広の水堀で囲う典型的な平城で、城内には、本丸、二の丸、三の丸、西の丸のほか、 旧龍造寺家の家臣の屋敷も配されました。

1835年の火災の後、10代藩主鍋島直正により、それまで政務を行っていた二の丸御殿にかわって、 本丸御殿が建設されました。その後、鯱の門(しゃちのもん)と続櫓以外は、解体されましたが、 平成16年に一部が木造復元され、佐賀城本丸歴史館として開館しています。

訪問記

8時20分、かつて二の丸があった場所の駐車場に着きました。本丸入口の鯱の門もすぐそばです。 佐賀城本丸歴史館の開館時間の9時30分までまだ時間があるので、先に周囲を散策することにしました。

下の写真は、二の丸入口の門があった辺りから本丸方向見たところ。 左に見えるのが本丸入口の現存の建物、続櫓で、右に見えるのが天守台です。

20190617_01.jpg

大きな堀に囲われた南東の一角が独立した島のようになっていて、その中に本丸と二の丸がありました。

20190617_02.jpg

二の丸があった場所は、周囲の堀もほとんど埋め立てられ、当時の面影はありません。

20190617_03.jpg

本丸の鯱の門と続櫓

20190617_04.jpg

20190617_05.jpg

天守台

天守台に登る階段は本丸の内側にはなく、外側から入っていきます。

20190617_06.jpg

狭い階段をのぼります。

20190617_07.jpg

付け櫓台の上より。正面が天守台。階段は当時のものではないようです。

20190617_10.jpg

付け櫓の上から、本丸西側の石垣を見下ろしたところ。 本丸の内側は土塁。石垣の外側には8-10mの帯曲輪があり、その外側は水堀でした。

20190617_08.jpg

付け櫓の上から、天守石垣。

20190617_09.jpg

天守台の上。天守は享保11年の火災で焼失してからは、再建されませんでした。

20190617_11.jpg

南堀

幅40間の堀。超カッコイイです。

20190617_12.jpg

堀の奥には「亀甲乱積」という手法で積まれている石垣の「南西隅櫓台」。土塁の奥には本丸御殿の屋根が見えます。

20190617_13.jpg

三の丸の方向の堀には蓮の花が咲いていました。

20190617_14.jpg

南西角の堀

広い堀の外側から城のほうを眺めていると、だんだん内側の人との住んでいる世界の違いみたいなものを感じるようになりました。

20190617_32.jpg

20190617_15.jpg

西堀

西御門橋跡

城内に入る橋は4つあったそうで、その一つ。土橋、木橋、土橋という構造だったそうです。

20190617_16.jpg

20190617_33.jpg

西堀

西堀を北方向から。

20190617_17.jpg

北堀

北堀を西方向から。

20190617_18.jpg

北御門橋跡

現在は北側の堀には何本も橋が架かっていますが、昔はここだけでした。

20190617_19.jpg

東堀

東堀はほとんどが埋め立てられていて、二の丸近くに少し残っているだけ。 東側に架かっていた東御門橋、裏御門橋もどこにあったのかよくわかりませんでした。

20190617_20.jpg

堀を一周していたら、大分時間が経ってしまいました。。

本丸御殿

鯱の門をくぐって本丸御殿に行きましょう。

20190617_21.jpg

御殿正面。

20190617_22.jpg

御玄関を入ります。まずは100名城スタンプを忘れずに押しました。

20190617_23.jpg

北廊下

御殿の中は、廊下にも畳が敷かれています。

20190617_24.jpg

外御書院(そとごしょいん)

佐賀藩の公式行事が行われた場所。両側の廊下を合わせると320畳の大広間だそうです。

20190617_25.jpg

屯之間(たまりのま)

家臣の控室として使われていたところ。

20190617_26.jpg

御座間(ござのま)・堪忍所(かんにんどころ)

通路の途中から。右に見える建物です。近くの公園に移築され公民館として利用されていたものを平成の復元の際に元の場所に戻したのだそう。 地面に書かれた線は、復元されていない建物のあった場所を表したものです。

20190617_27.jpg

御座間

藩主の居間でした。

20190617_28.jpg

鍋島直正公と2ショット。

20190617_29.jpg

堪忍所

御座間向かいには警固の詰所がありました。

20190617_30.jpg

御殿の裏側

御殿を出て、裏側にまわりました。江戸時代にはこの空間は建物で埋め尽くされていました。

20190616_31.jpg

感想

所要時間は、堀をまわって1時間半、本丸御殿が1時間、合計2時間30分でした。 堀が広く想定よりも時間が掛かりましたが、 堀はとても綺麗だったし、昔の地図と現在の地図を見比べながら町を歩くのは楽しかったので、 堀も含めて見て回ってよかったです。 本丸御殿は、これで入場料が無料というのですから、佐賀県は随分太っ腹。 館内に置かれていた寄付の募金箱に、気持ちお金を入れました。





 

関連記事