六義園でしだれ桜を撮る - takerokero blog

六義園でしだれ桜を撮る

三連休の中日の今日は、しだれ桜が見頃になったと聞き、六義園に出かけてきました。 六義園には、昨秋、紅葉のときに訪れていますが、桜の時期は2004年以来16年ぶり。 その時はライトアップの時間だったので昼間の桜は初めて。ワクワクして現地に向かいました。

六義園しだれ桜

うん、やっぱりすごいですね。

六義園しだれ桜

広角レンズを使うと人を避けながら桜全体を撮ることができました。最近広角レンズがお気に入りです。

六義園しだれ桜

ということで、色んな方向から撮っていきました。

六義園しだれ桜

六義園しだれ桜

六義園しだれ桜

やさしい色をした花ですね。

六義園しだれ桜

上のほうを切り取っても大迫力です。

六義園しだれ桜

ところで、六義園は江戸時代に徳川綱吉の側用人だった柳沢吉保が川越藩主の頃に造園した庭園ですが、このしだれ桜は昭和の太平洋戦争後に植えられたものだそうです。

六義園しだれ桜

桜の木は何枚でも撮っていられそうでしたが一旦このくらいにして、園内も少しまわってみることにしました。

六義園

コブシの大木。

六義園

綺麗な白い花ですね。

六義園

池の対岸、正面に見えるピンク色の木がしだれ桜で、右側に見える大きな白い木がコブシです。

六義園

ヤマブキの黄色も綺麗ですね。

六義園

吹上茶屋の横のソメイヨシノは咲き始めたところでした。

六義園

藤代峠から。

六義園

しだれ桜に戻り、またしばらく桜を撮りました。

六義園

六義園

コロナの影響で今年はしだれ桜のライトアップは中止となり、開園時間は通常の9-17時。 例年の人出は知りませんが、時間が遅くなるにつれて混み合ってきました。 良い時間を過ごせたので、珍しく家族へのお土産を購入。 人形焼きと羊羹を買って帰りました。



関連記事