福井県福井市に鎮座する旧別格官幣社・福井神社に参拝する - takerokero blog

福井県福井市に鎮座する旧別格官幣社・福井神社に参拝する

  •  
  •  
  • Category:

続100名城の福井城を散策している途中、立派な神社があったのでお参りしました。

福井神社

福井城は、徳川家康の次男、結城秀康を祖とする越前松平家、福井藩の藩庁だった城。 現在は本丸部分とそれを囲う堀しか残っていませんが、かつては堀の外側に西三の丸があり、 そこに藩主の住んでいた御座所がありました。
神社はその御座所があった場所に建てられています。 御祭神は、幕末の藩主・松平慶永(春嶽)。 創建は、昭和18年。最後の別格官幣社です。

別格官幣社とは、明治政府によって新たに設けられた社格の一つで、 列格の基準は、国家のために特別な功労があった人物を祀る神社であること。 昭和21年に制度が廃止されるまでの間に、28社が列格されました。

福井神社

ちょっと変わった鳥居です。というか、奥に見える社殿も変わっています。

福井神社

創建時の社殿は、昭和20年に戦災で焼失し、現在の社殿は昭和32年に再建されたもの。 総コンクリート造りというみたい。当時はモダンだったのでしょう。。

福井神社

拝殿の左には御祭神である松平慶永(春嶽)公の像。

福井神社

境内の左に摂社・恒道神社。御祭神は、幕末の藩士・鈴木主税、中根靱負(雪江)、橋本左内の3柱。 橋本左内は、歴史の教科書に出てきますね。将軍継嗣問題で一橋慶喜の擁立に奔走しましたが、 安政の大獄で、26歳で処刑されてしまいました。

福井神社

素敵な御朱印をいただきました。月ごとにデザインを変えているそうです。

福井神社

関連記事