今年も千葉県印西市(旧印旛郡本埜村)の「白鳥の郷」に行ってきました。

去年の白鳥の郷がとてもよかったので今年も出かけてきました。

現地に着いたのは12時45分頃。今年は昨年よりも多い1000羽超の白鳥が来ているとネットで調べて行ったのですが、行ってみる白鳥はおらず。 その場にいらした本埜白鳥を守る会のかたの話によると、昨日の雨以降、白鳥たちはいくつかのグループに分かれて周辺の田んぼに移動しているということでした。 こんなこともあるんですね。びっくりしました。

守る会のかたが、白鳥のいる近くの田んぼの場所を教えてくれたので、そちらに移動してみることにしました。

教えてくれたところに行ってみると、ちょうど守る会のかたがいらっしゃいました。 白鳥を観たいと伝えたところ、車を停める場所を教えてくれて、先に来ていた女性3人組のかたと同じ位置から、 それ以上近づかないで見学するようにと指示を受けました。

道のほうに出てきているものもいました。

写真だとまずまずに見えますが、だいたい300mm(フルサイズ換算450mm)の望遠で撮ったもので、肉眼だとあまり様子がわかりません。 先に来ていたご婦人がたは十数年ぶりにこられたとおっしゃっていましたが、間近で見ることができず、残念そうにしながら、1時半頃帰っていきました。

ところがそれから間もなく、白鳥たちがぽつぽつとこちらに向かって歩き始めました。

とうとう私が立っていたところの田んぼの前を通過していくくらいまで全体が移動してきました。 もしかしたら白鳥を守る会のかたは、こうなることがわかっていたうえで、 最初は遠くから見るようにとおっしゃったのかも。

こちらはカップルでしょうか。白鳥はオスとメスを見分けるのは難しいらしいので適当です。

はじめはみんな食事に夢中でしたが、ガーガー言い出すものが現れ、

2時15分頃には飛ぶのも出てきました。

着陸シーン。

こちらはガーガーやってたら、

ケンカになってしまったみたい。

もうあとは撮り放題です。

やっぱり飛んでいるのを撮るのが面白いですね。

連射しまくり。

少し色の黒いのは幼鳥です。

いい感じの写真が撮れました。

最初は戻ってくる集団もいたのですが、だんだん寝床に帰っていくようで、少しずつ数が減っていきました。

ずっと見ているうちに、次に飛び立つ鳥の集団がわかるようになってきました。 並んでいるのがこれから飛び立とうとしている鳥たちです。 首を上下に振って、一緒に飛ぼうねと確認しあっているようでした。

飛び立つところ。

ガーガーやってる鳥たち。

お食事中。白鳥たちが水をシャバシャバする音がずっと聞こえていました。

またねー。

飛び立つ前の助走がいいです。

暗くなってきはじめたので、3時半頃撤収しました。いやー楽しかった!

関連記事