2018年8月25日

続100名城:宮城県白石市の白石城に行く

東北道をひた走り、宮城県の白石城に行ってきました。

20180825_19.jpg

家を出たのは朝7時過ぎ。この時間だと東名道や中央道は既に長い渋滞の表示が出ていて、 そっち方面には行く気になれません。 比較的空いている東北道で、道の状況に応じて、白石城か米沢城か三春城かにしようと思って出発したところ、 予想以上に道は順調で、行き先は一番遠い白石城に決定。ほぼコースタイムどおりの4時間で到着しました。

高速を降りてからは、道の途中に出ている案内表示に従っていけば、迷うことなく広い駐車場に着きます。 車から降りると、クラクラするほどの暑さでした。東北をなめていました。 城までの道には、シルクロードをもじったと思われるシロクロードの標識が。。面白い?

城には歩いて5分くらいで到着します。

20180825_01.jpg

20180825_02.jpg

二の丸大手二ノ門跡。現在は門はありません。

20180825_03.jpg

門跡の横には、本丸外郭の石垣の遺構があります。 往時は土塁の上まで石垣があったようですが、明治期に破却されたよう。 築城時とその後、修復した時代によって、石垣の積み方が異なることがわかります。

20180825_04.jpg

来たばかりですがあまりの暑さに耐えられず、城内の「歴史探訪ミュージアム」に入って一休みすることにしました。 2階の展示室で歴史を軽く勉強しました。

白石城の歴史

藤原鎌足の子孫と伝えられる白石氏が寛治年間(1087-1094)に、ここに居館を建てたのがはじまりといわれています。 白石氏は伊達政宗の曽祖父、伊達稙宗(たねむね)のときに伊達家の家臣となりますが、その後もこの地域を支配しました。 白石氏は、1586年、伊達政宗により所領替えを命じられ、代わって伊達氏家臣の屋代景頼が入城しましたが、 1591年、豊臣秀吉に没収され、蒲生氏郷の所領となり、氏郷家臣の蒲生源左衙門郷成が、白石城を築城し城主となりました。
1598年には、上杉領となり、家臣の甘糟備後守清長が入城しますが、 1600年、関ヶ原合戦の直前、伊達政宗が白石城を攻略し、再び伊達領となりました。 伊達氏家臣片倉小十郎によって大改修がなされ、以後明治維新まで260余年間片倉氏の居城となりました。 元和の一国一城令以後も仙台藩は仙台城と白石城の二城が許され、明治維新には奥羽越列藩同盟がこの城で結ばれました。

白石城は標高76mの丘陵上に築かれた平山城。天守代用の三重の大櫓が特徴です。明治期に破却されましたが、 平成7年に史実に忠実に木造復元されました。

白石城の遺構

立派な三階櫓が現れました。

20180825_05.jpg

一ノ御門

20180825_06.jpg

二ノ御門

20180825_07.jpg

本丸内部

本丸内部にはびっしり建物があったようです。

20180825_15.jpg

100名城スタンプは三階櫓の中です。

20180825_08.jpg

三階櫓の最上階。史実に忠実に復元した建物は立派でした。

20180825_09.jpg

三階櫓から一ノ御門、二ノ御門の構造がよくわかりました。

20180825_10.jpg

三階櫓から本丸。(南東)

20180825_11.jpg

三階櫓から二ノ丸。(西)

20180825_12.jpg

本丸井戸と鐘堂

20180825_13.jpg

裏御門跡

門のために周囲の土塁が切られています。

20180825_14.jpg

二の丸より三階櫓

地元出身の横綱「大砲」関の像とともに。

20180825_16.jpg

マンホール

本丸と二の丸の間の道にありました。 後で調べたら、マンホールカード配布場所は城内の「歴史探訪ミュージアム」でした。もらえばよかった!

20180825_17.jpg

帰り道

駐車場に向かって来た道を戻る途中、城を囲む水路の水がとてもきれいで思わず撮ってしまいました。

20180825_18.jpg

感想

見学時間は、約80分(11:20-12:40)でした。 復元天守は立派でとてもいいものでした。案内をされている地元の方が誇らしげにお話をされている姿が印象に残りました。 その方の「三階櫓(天守)が北東を向いているのは、蒲生氏の時代に北の守りとして築かれた名残である」という話が面白かったです。






関連記事